ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

キツネ」 大人が読んだ みんなの声

キツネ 作:マーガレット・ワイルド
絵:ロン・ブルックス
訳:寺岡 襄
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2001年
ISBN:9784892385872
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,475
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 考えたい絵本です。

    イヌと カササギ。
    その関係の中に入り込んできたキツネ。

    鋭さが迫ってくるような絵、
    色使いも迫力があります。
    手書きと思われる文字も
    読みづらい方向に書かれていることも
    よりいっそう ストーリーの奥深さを表現しているように感じます。

    友情と信頼、
    ささやかな冒険欲と心変わりー
    ほんらい人間の持つ性の原型がからみあう物語と
    説明されています。

    自分自身をそれぞれの動物に置き換えて
    考えても、そこに怖さを感じてしまいました。

    でもその心情を考えてみたい。。

    小さいお子さんには 難しいと思います。

    50代後半の私でも
    すごく考えさせられました。
    でもこういう絵本も知っておいて良かったと思います。

    読んでみて自分自身なら
    どう思うか、そこから何を感じ取るか、
    読まないとわからないですよね。

    掲載日:2015/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 川端誠さんも

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    表紙から独特の迫力です。
    イヌとカササギの友情と、そこに割り込んできたキツネ。
    揺さぶりの言葉の巧みさもさることながら、
    その目的に、キツネの孤独の重さを突きつけられます。
    とても重いテーマを内在する作品です。
    原書の手書き文の味わいをそのままに、
    川端誠さんが手書き文字と日本語版レイアウトを担当しているところも見所でしょうか。
    調べてみると、原書からかなりの意訳がされている様子。
    この作品を本当に知ろうとするなら、原書まで当たる必要がありそうですね。
    ただ、この作品の持つ迫力は日本語版でもかなり伝わってきます。
    知人は、中学校での読み聞かせにセレクトしていました。
    うむ、納得。

    掲載日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深い内容に感動 

     なにげなく本を開いた。表紙のページから物語が始まる。、肉筆の読みずらい字がドンドン物語の中にひきこんでいく。スゴイ!目の見えない犬 飛べなくなったカササギ、そしてキツネ。この3種の動物が語る死から生、挫折から希望、自身の飛躍への選択、そして最後のシーンで表紙の絵の意図がわかった。心に残った。
     絵本は絵からも深い味を知る。この本は文章の字も絵だから、もし 子供に読むとしたら 読み手がしっかり肉筆の字の印象を感じて伝えナイトこの絵本の良さが伝わらないだろう。  読み聞かせたいが 難しい絵本。  でも是非 手にとって見て読んでほしい絵本です。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人のための・・・

    • きらきら虫さん
    • 40代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子16歳、男の子13歳

    メンバーが5・6年生で読み聞かせしていました。

    原作からの独特の書き文字とレイアウトを再現したということで、文字を読むために本をぐるぐる回してしまいました。

    読み聞かせでは回すわけにもいかず、読みにくかったと聞きました。


    文章が始まるところまでペラペラとめくり、読み始めてから違和感。

    もしかして、見返しから話が始まっていた?

    見返しのオレンジは森の火事なのかな?

    裏表紙は同じ場所みたいだけど、緑になってる。

    ここの意味は何だろう。


    キツネの眼に背中がぞくりとし、執拗な誘いに揺れるカササギの弱さが哀しい。

    あまりにも考えることが多くて、私自身消化できない感じがする。

    絵本の形は取っているけど、おとなのための童話という印象。

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「キツネ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / にじいろのさかな / まくらのせんにん そこのあなたの巻 / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 1
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット