だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ティリーのクリスマス」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

ティリーのクリスマス 作:フェイス・ジェイクス
訳:小林 いづみ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1995年
ISBN:9784772101356
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ティリーは「はじめてのおつかい」の気分?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    図書館の「クリスマスの絵本コーナー」においてあったので、子どもたちにいいかな〜と、借りてきました。
    どうやらシリーズものの2冊目のようです。
    いきなり木の人形のティリーが小さな部屋をクリスマスバージョンに飾っているのを見て、とてもきちんと設定を考えられている絵本だ。と感じました。
    正直、日本の小さな子どもたちにティリーのようなタイプの人形が可愛いとはあまり思えないかもしれないけど、
    小さな人形のティリーが外の世界へ出て、親友のくまのぬいぐるみエドワードをさがす。という冒険話は、共感できる気がします。
    幼稚園くらいの年齢の子に、「はじめてのおつかい」をさせる人気番組がありますよね。そこに出てくる子どもたちのような気持ちと似ているのではないかな?

    絵は描写がとても細かくて、素晴らしかったです。
    特に私はティリーが道路を渡ろうと思って出来ずに街灯にしがみついて色々な乗り物をやり過ごすシーンが気に入りました。
    街灯の根元の部分しか描かないことで、ティリーの恐怖がよくわかりました。
    ティリーの活躍で、無事エドワードは吸湿されるのですが、家に帰ってくるまでの流れがドキドキするので、気になる方はぜひ、お子さんと読んでみてください。
    クリスマスシーズンのこの時期にとても似合う、素敵な絵本でした。

    掲載日:2009/12/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ティリーのクリスマス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット