庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おばけのたんけん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

おばけのたんけん 作・絵:西平 あかね
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2006年04月
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,825
みんなの声 総数 27
「おばけのたんけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • きららこけの帽子♪

     おばけシリーズ3作目。

     珍しい縦開きの絵本。こういうの、谷川俊太郎さんの「あな」という絵本以来だなぁ、と思っていたら、やっぱりここにも穴登場!

     でも、縦のスペースが実に効果的に描かれていて、画面に深さや広がりをもたらしています。

     今回は、からかさオバケのぺたくんとぴこちゃんと一緒に探検するお話。からかさオバケならではの、空を飛んだり、隙間を抜けたりというのも楽しかったです。

     あとは、なんといっても、きららこけを頭に乗せてるたろぽうが可愛すぎます!しかも、それがご馳走になるなんてビックリ!きららスープ、飲んでみたいです。

    掲載日:2011/10/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 暗闇を怖がるおばけ

    娘がシリーズで好きな絵本です。
    おばけの兄弟さくぴーとたろぽうが、からかわおばけと遊んでいると、急に強い雨が降り出し、からかさおばけの履いていた下駄がどこかに落っこちてしまいます。穴のの中に落ちたみたい、と洞窟の中を探しに行きますが・・・。

    おばけなのに、暗闇を怖がるたろぽうたち。
    笑っちゃいますね。見た目はおばけだけど、行動は完全に人間の子どもと一緒。微笑ましいです。

    娘は最後に描いてある地図に興味津々。
    『ここをこう行って〜・・・』とたろぽうたちがたどった道を指でなぞって楽しんでいました。
    おばけたちが可愛いし、怖がりの子でも安心して読めるおばけの絵本です。

    掲載日:2012/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけのたんけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / ぐりとぐら / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット