ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ほっぺ ほっぺ ほっぺ」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

ほっぺ ほっぺ ほっぺ 作:うちだ りんたろう
絵:ながの ひでこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1996年
ISBN:9784494004638
評価スコア 4.07
評価ランキング 18,034
みんなの声 総数 14
「ほっぺ ほっぺ ほっぺ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いじっぱりがかわいい

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    主人公「さっちゃん」が出てくるシリーズの絵本です。
    さっちゃんがいろんな動物やかみなりにまで「ほっぺほっぺ」する絵本。順番に「ほっぺほっぺ」(ほっぺをぴたっとあわせる)するんだけど、タヌキだけはいじっぱりでほっぺほっぺしません。でも、本当はタヌキもしたいんです。あとからネコに化けてほっぺほっぺしにくる所がかわいいです。しっぽがタヌキのまんまなんですけどね。
    このシリーズは毎回ひねくれ者が出てきて、それが最後には「本当はあそびたいんだよ〜」っていう展開になっています。意地っ張りなお子さんにはお勧めです。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • くっついた!

    ほっぺがくっついた喜びを素直に表現してあり、繰り返しの「ほっぺ ほっぺ」が、嬉しいです。あまのじゃくの狸さんも本当は、「ほっぺ ほっぺ」をやりたいのに、恥ずかしくて素直に出来なくて、ねこさんに化けて要求するのが笑えます。たぬきさんのしっぽにも爆笑しました。素直に、やりたいと言えるといいなあと思いました。色彩が強烈で、太い線にインパクトがあり、小さい子の目を引くと思いました。孫に素直に、「ほっぺ ほっぺ」が出来る幸せな絵本です。

    掲載日:2009/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ほっぺ ほっぺ ほっぺ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.07)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット