ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ハトにうんてんさせないで。」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ハトにうんてんさせないで。 作・絵:モー・ウィレムズ
訳:中川 ひろたか
出版社:エムオン・エンタテインメント
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784789726436
評価スコア 4.73
評価ランキング 908
みんなの声 総数 39
「ハトにうんてんさせないで。」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一人芝居???

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    訳が中川ひろたかさんということで気になりました。「ハトにうんてんさせないで」なんてタイトルも意味深ですしね。
    予想をはるかに超えた面白さでした。初めて読んだときは図書館でしたが、一人で笑いをこらえました(笑)
    ハトの一人芝居っていうのかな。一人(一羽か)で盛り上がったり落ち込んだり、さまざま表情が変わって、何度読んでも飽きないという感じです。
    ぜひ読んでみてほしいと思う一冊です!

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • アドリブ入れまくりで

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    今までにないパターンの絵本で、最初はどうやって読んだらいいか戸惑ってしまいましたが、だんだんとコツを掴んできました。
    これはまさに対話型の絵本。
    だから、聞いている子どもに直接訴えかけているように読まなくては面白くないのですね。
    だから子どもの様子を伺いながらアドリブ入れまくり。
    娘はそれはもう楽しそうに応えてくれます。
    どうしてもテンションがあがってしまうので、おやすみ前の絵本タイムには不向きかもしれないです。
    なにはともあれ、いま娘の一番のお気に入り。何度も何度も読んでいます。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 必死なハトさんが面白い

    これは聞きてが参加する楽しい絵本。
    レビューを読んで面白そうと思い、早速子供たちに読み聞かせしてみました^^

    運転手さんがちょっとバスを離れる間に、「ハトが何を言ってきても運転させないで」と、読者にお願いするという設定。
    さぁ、運転手さんがいなくなると、来ましたよ〜ハトさんが!
    そして読者とハトの我慢くらべ(笑

    ハトは運転したいがために、いろんなことを言ってきます!

    うちの場合、、、次男はあっさりハトさんに負けてしまいました(笑
    次男に、「ハトさんが運転したいって言ってるよ」というと、

    「いいよ」 と。^^;

    もちろん長男はずっと「だめー!」と運転手さんとの約束を守りました。(笑

    ハトさんの言い寄る姿がとっても可笑しい、可愛い姿なので、つい笑ってしまいますよ。

    掲載日:2009/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • センスが新鮮

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    絵の作風から見て、古典的作品と思ったらさにあらず。
    2004年のコルデコット賞オナー・ブック受賞作品と極めて新しい作品でした。
    作家のモー・ウィレムズは、この作品が絵本のデビュー作で、主人公のハトはシリーズ化しているようです。

    モー・ウィレムズの経歴を見ると、セサミ・ストリートの脚本・アニメーションとして活躍とあり、この作風に繋がっているのでしょう。

    お話は、バスの運転手が、読み手に対して、ハトに運転させないで下さいと語りかけてくるところから始まります。
    それからハトと読み手の対話が続くのですが、語り方の切り口が新しい感じがします。
    何でハトが?という疑問はあるのですが、そのキャクターと動きは結構楽しく、はまるお子さんも多いかも知れません。

    ただ、コルデコット賞の作品というのは、今までその力量に圧倒されたというパターンだったのに対して、少し肩透かしを食らったという感じが否めませんでした。

    でも、このセンスは、翌年にもコルデコット賞オナー・ブック賞を連続して受賞していることからも、並外れたものであるのは間違いのないところだと思います。

    掲載日:2009/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ハトにうんてんさせないで。」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はじめてのおつかい / こんとあき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット