もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

12のつきのおくりもの スロバキア民話」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

12のつきのおくりもの スロバキア民話 再話:内田 莉莎子
絵:丸木 俊
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1973年
ISBN:9784834021608
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,857
みんなの声 総数 16
「12のつきのおくりもの スロバキア民話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 季節の変貌がとても印象的

    表紙や挿絵をみて、どことなく東欧っぽい雰囲気だと思ったら、スロバキアの昔話なのですね。
    登場人物の来ている服が民族衣装のようで、雰囲気を盛り上げています。

    お話は、例えばシンデレラとか、あるいは日本の昔話にもありそうなものなのですが・・・素直で正直な継子と、意地悪な継母・継姉のお話です。

    でも、この本の素晴らしいところは、継子を助けてくれるのが、12の月の化身?妖精?だというところです。
    12ヶ月がそれぞれ擬人化されていて、その月の化身が一瞬でその季節にしてくれる場面の鮮やかさは、とても印象的です。

    西洋の昔話は、メルヘンの世界のわりには敵役が残酷に殺されてしまったりして(グリム童話のように)、子どもに昔話そのままのお話を読ませるのをためらってしまうことが多いのですが・・・この本では、そのあたりはさらりとかわされていて、それも良かったです。

    さすがに長く読み継がれる作品はいいですね。お勧めです。

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「12のつきのおくりもの スロバキア民話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / てぶくろ / おふろだいすき / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



好評につき第2弾!23人の絵本作家からの手紙

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット