貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

へんなどうつぶ」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

へんなどうつぶ 作・絵:ワンダ・ガアグ
訳:わたなべ しげお
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\728+税
発行日:1978年
ISBN:9784001151510
評価スコア 4.75
評価ランキング 755
みんなの声 総数 7
「へんなどうつぶ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どうつぶがかわいい

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    復刻版が出たそうですが、図書館で借りてきたのは、それ以前の方でした。小さいサイズで、モノクロの絵でも、絵からのメッセージは強いなあというのが、素直な気持ちです。

    おじいさんの優しさが各ページに感じられます。動物のために、おいしいものをいっぱいつくってるところ、無償の愛というのでしょうか。ほんとに心のきれいな人なんだと思いました。

    だからこそ、どうつぶというへんな生き物の登場は、おじいさんの性格とは対照的で、ほんとにおもしろかった。どうつぶの言ってることがとっても残酷に、ひどいことに聞こえてくるのを笑ってはいけないけど、
    これだけのことを平気で言ってのけるところが、そこからのどうつぶの心の変化を期待することにつながったと思います。

    復刻版は、表紙の色もややちがいますね。ぜひ、そちらも読んでみようと思います。

    掲載日:2010/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「へんなどうつぶ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / くだもの / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット