十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

プンクマインチャ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

プンクマインチャ 作:大塚 勇三
絵:秋野 亥左牟
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1992年
ISBN:9784834010824
評価スコア 4.19
評価ランキング 16,460
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵の力

    福音館書店の原画展に行ってきました。
    絵は子供の目の高さに展示されており、文もその絵の上にひらがなで展示されていたので、
    壁に向かいながら、読み聞かせの様相になるか、とおもいきや、
    娘が「読んで」というのは、うちにある本ばかり・・・。
    しかし、この本の前に来た時、全てのページの絵を丹念に見たあと、
    気になったページを指差し「なんて書いてあるの?」と聞き、
    そのページを読んでやると「最初から読んで」といい、
    じっと聞き入っていました。
    お話は、外国の民話で、内容はよくある「正直者はいつか救われる」的なものなのですが、
    登場する双頭の不思議な動物の存在感が、なんともいえない世界観を作り出しています。
    また、娘も足を止め見入ってしまうくらい、その独特な絵が、
    物語に深みを与えているような気がしました。
    素敵な本を原画で読んでやれたことが、幸せな時間でした。

    掲載日:2008/08/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵が結構コワイ

    ネパールの民話です。
    主人がネパール人なので、子供にもネパールの文化を!と思い
    手に取った一冊ですが、

    鬼が出てきたりするシーン、
    絵が結構、怖い。

    何回か読んだけど、
    「鬼の絵んとこ、コワイから、もう、いいや」
    って言われちゃいました。。。

    話の内容としては、わりとよくあるパターンなので、
    絵がもっと可愛かったら、と思ってしまいました。

    掲載日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「プンクマインチャ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / こんとあき / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.19)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット