サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!

こぐまのくまくん」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

こぐまのくまくん 作:E・H・ミナリック
絵:モーリス・センダック
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1972年06月
ISBN:9784834003444
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,072
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 空想の世界が広がります。

    繊細な絵で描かれた、大人も楽しんで読める絵本です。

    毎日を楽しんで過ごす「くまくん」の姿が、なんとも言えず、愛らしいです。

    雪の日、「寒い寒い。」と、お母さんに言い、上着や手袋を着るのですが、それでも寒くて「毛皮のコートが欲しいよ〜。」と、言います。
    でも、くまくん、すでに毛皮のコートを着ているよね〜?
    お母さんに言われ、結局何も着ずに遊ぶ、くまくんでした。

    ね、愛らしいでしょ。それに、クスリと笑えるユーモアが有ります。

    親子共々、楽しめる本です。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4つのお話

    4つのお話が入っていました。
    どのお話でも、こぐまのくまくんの子供らしい発言や行動が、ほほえましかったです。
    そして、そのくまくんを見守るお母さんが、本当に優しかったですね。
    ぬいぐるみのクマが、そのまま歩いているような、かわいい絵でした。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい

     くまくんを先頭に、あひる、にわとり、ねこが並んで歩いている絵を見て、「あっ、これ、いつも見てたよね!」と、急に思い出して喜ぶ娘。
    そうそう、アメリカで入学前にいつも見ていた“Little Bear”の番組。
    なつかしいねぇ。
    あれから数年しか経っていないのに、なんだか随分と昔のことのように思えます。

     くまくんは、ずっとあの頃のまま(!)で、今日も子どもらしく現実と夢の世界の間を行ったり来たりしながら、お母さんを楽しませてくれています。
    そして、くまくんの心にぴったりと寄り添って、くまくんの子ども時代の1日を輝かせてくれているお母さんもまたすばらしいですね。
    片手間ではなく、心の底から子育てを楽しんでいるように見えるくまくんのお母さん。私には本当にまぶしく映ります。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こぐまのくまくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ヨチヨチ父 とまどう日々』ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット