だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

コロボックル絵童話(1) コロボックルそらをとぶ」 大人が読んだ みんなの声

コロボックル絵童話(1) コロボックルそらをとぶ 著者:佐藤 さとる
画家:村上 勉
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784062124300
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,683
みんなの声 総数 9
「コロボックル絵童話(1) コロボックルそらをとぶ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • コロボックルの世界

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    そうそう、コロボックルは村上勉さんの絵でなくてはね。
    この絵で一気にコロボックルの世界へ。
    有名なコロボックルシリーズは、ぜひ子ども時代に読んでおきたいものですが、
    その導入としてぴったりの絵童話があると知って早速セレクト。
    この作品は第1話ということで、コロボックルの世界の説明もありますから、
    嬉しいです。
    さて、最初はトコという男の子の探検エピソードです。
    ケガをした文鳥を見つけたトコは、早速介抱します。
    ケガが治った文鳥は、トコを背中に乗せたまま飛び上がってしまうのです。
    佐藤さとるさんの文章が、優しくその光景を綴り、
    村上勉さんの絵がそのシーンを活写していますね。
    トコと一緒に、ドキドキワクワクしてしまいます。
    私は子どもの頃文鳥を飼っていたので、この作品の文鳥があまりによく描かれていてびっくりしました。
    文鳥の身体の温かさまで感じてしまいました。
    コロボックルの偉い人の対応には、大人の視点で感服でした。
    絵本としては文章も多いですが、その分絵も多いので、
    小さい子でもきっとコロボックルの世界を楽しんでくれると思います。

    掲載日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • 佐藤さとるさんのコロボックルの本はずいぶん前から読んでいて
    おおきなきがほしいの本は私が若かりし頃に読んでいてコロボックルの世界に魅せられ引き込まれたのを思い出します

    コロボックル絵童話の1〜4シリーズがあるのをしって懐かしく読んでみました
    コロボックルのお城の様子を読んでいると 小さなコロボックルたちがいきいきと生きているのがよく分かります

    このおはなしは トコが怪我をしたぶんちょうの傷をなおしてあげて仲良くなるのですぶんちょうは傷が治ると空を飛びトコも乗せてもらって空から下の世界を眺めるのです

    人間の世界が現れます

    国を出てはいけないという規則を破ったトコですが コロボックルのえらいひとは、寛大でした

    村上勉さんの絵はやはり 魅力的です!

    他のシリーズも読んでみます

    掲載日:2014/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • トコちゃん見参!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    子どもの頃大好きだった佐藤さとる先生のコロボックルシリーズが、
    「絵童話」という形で戻ってきました!!
    いや〜、このシリーズがあることは前から知っていたんですけど、
    なかなかちゃんと読み返す時間がなくて、最近やっと読みました。

    トコちゃんは好奇心旺盛なコロボックルで、
    周りが見えているようで、見えてないお茶目なところがあります。
    このシリーズは佐藤さとる先生の物語の面白さもありますが、
    やはり!村上勉先生のコロボックル達の魅力も大きいです。
    児童書だった時は絵が少なかったので、子ども心に残念で仕方ありませんでした。

    この絵童話では、その辺が存分に楽しめるので、原作を知っている人にも、そうでない人にもお薦めできます。
    また、絵童話になったことで、1人読みでも読める年齢が下がったかな?絵本としては少々字が多いですが、難しいことはなにも書いてないので、幼稚園の年長さんくらいからなら、十分読めると思います。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「コロボックル絵童話(1) コロボックルそらをとぶ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット