ムーミンママのハンドバッグ ムーミンママのハンドバッグ
絵: リーナ&サミ・カーラ 文: カタリーナ・ヘイララ レーナ・ヤルヴェンパー 訳: 高橋 絵里香  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
原作の世界から飛び出した、持ち歩けるバッグ形のキュートな絵本。

ペネロペのおかいもの」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ペネロペのおかいもの 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:ひがし かずこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2006年02月
ISBN:9784265071555
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,306
みんなの声 総数 42
「ペネロペのおかいもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シリーズ一番のお気に入り

    • 夜の樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    たくさんあるペネロペのシリーズの中でも我が家の子供の一番のお気に入り。
    2歳のころから何回読んだかわかりません。

    ストーリーはとってもシンプル。
    でもママと離れたドキドキ感と同時に、お買いもののワクワク感も楽しめます。

    ラストのスクーターのプレゼントが子供の目にとても羨ましくうつったようで、我が家のクリスマスプレゼントがスクーターになったほどです。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • えらいね

    買い物に出かけて迷子になってしまうペネロペ。
    泣かずにいろんなお店でお母さんがいるかたずねるのはすごいですね。
    でも何より一番心配だったのはママだろうなぁ。
    街で迷子になったら本当に見つけるのは大変なことですから。
    きっとこれからは約束どおりひとりで走ったりしないんでしょうね。
    失敗からいろんなことを学ぶのも大事な経験。
    お店の人も親切でとてもほのぼのした気持ちになりました。

    掲載日:2009/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 教訓がいかされるといいなー

    ペネロペが買い物でママとはぐれてしまい、
    今度からは勝手に走ってどっかに行かないと約束するお話。
    うちの娘も母から離れても怖くないとおもっているのか、
    どんどん走っていくので、いつもひやひや。
    はぐれたら大変なんだよということと
    ちゃんと離れないって約束することをわかって欲しくて
    読んでます。
    その効果がでるのはまだまだのようですが、
    ペネロペのことは好きになったようです。
    同じ女の子だからかな?
    お店屋さんがみんな動物だかな?
    お店屋さんでいろいろもらうのですが、
    娘はそれを覚えて、「あめもらったね」「歯ブラシもらったね、ちゃんとみがいてねっていってたねー」とかいいながら聞いています。
    迷子になってママと再会したとき、
    ママが怒らないでぎゅっとだきしめてくれたよってところがいい。
    ついついがみがみしてしまうので見習いたいと思いました。

    掲載日:2008/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ペネロペのおかいもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット