なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

創意工夫に満ちて
なつみちゃん、かわいい! こんなに創…

くちばし どれが一番りっぱ?」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

くちばし どれが一番りっぱ? 作:ビターリー・V・ビアンキ
絵:藪内 正幸
訳:田中友子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784834021882
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,519
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なかなか衝撃的ですが

    シメ、イスカ、シギ、カモ、ヨタカなど…
    ヒタキは、そんな自分にはないそれぞれ特徴的な
    鳥たちのくちばしをうらやましがります。
    リアルな絵と共に、鳥たちのくちばしの役割が
    分かり易く説明されています。

    衝撃だったのはやはりラスト。
    初めて読んだ時は読みながら内心「えぇ〜?!」と驚きました。
    しかし、鳥たちの世界では鳥同士喰う、
    喰われるものがあることは現実です。
    自分のくちばしに自信を持ち、誇りを持って生きている
    鳥たちに対し、自分の暮らしに満足できないヒタキ。
    それぞれが便利なくちばしをもっているようでも、
    それはその暮らしに見合ったものが与えられているということ。
    その中で懸命に、生きるために生きていくしかないのだと
    いうことがメッセージとして込められているような気がしました。

    息子は最後の場面を見てしばらく固まっていましたが、
    「ペリカンさんのくちばしでオオタカをつつけば
    助かったんじゃない?」としきりに言っていました。
    少し大きな鳥が怖い息子は、ペリカンのくちばしを武器としても
    認識していたようです。
    なかなか奥が深く考えさせられる1冊です。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。絵がとっても綺麗で図鑑みたいで見ごたえがあります。今まで見たことの無い鳥がたくさん出てきました。そして、くちばし。こうしてみるととても面白いです。娘は長いくちばしを「お箸みたい」といってましたが、本当にその通りですね。鳥にとっては食べ物を上手に取るための道具です。最後、弱肉強食という自然の摂理の事が出て来てちょっと衝撃的なないようでしたが、娘は自然に受け止めてました。

    掲載日:2011/10/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くちばし どれが一番りっぱ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆきのひ
    ゆきのひの試し読みができます!
    ゆきのひ
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    くすのきしげのりさんと、いもとようこさんが贈る、寒い冬に心がああたまる、優しいお話。
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット