すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

くちばし どれが一番りっぱ?」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

くちばし どれが一番りっぱ? 作:ビターリー・V・ビアンキ
絵:藪内 正幸
訳:田中友子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784834021882
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,022
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 教科書の学習のあとに。

    小学校1年生の教科書には、「くちばし」のお話しが載っています(光村1年上)。
    このお話しの延長として私はこの本を読み聞かせています。
    丁寧に描かれた図鑑のような絵をどんどん開いていくと、それぞれの鳥が自分のくちばしの素晴らしさを語っていきます。

    最後の場面については、賛否両論あるところかと思いますが、私は1年生でも読んで聞かせてしまいます。
    強い鳥に弱くて小さな鳥が食べられてしまう―――これは、実際にある場面だからです。
    細かい説明もしません。わかりずらい場面なので子どもから質問がでれば説明をする程度です。「ええっ!」「いやだー」「かわいそう」と思う子ども達もいます。けれど事実なので、そのまま伝えます。
    大人の細かい感情や自然の摂理とかそういうことはこの場面では無視です。ただ、淡々と読みます。

    難しいことがわかる年齢になったとき、この絵本の結末を子ども達は納得してくれるんじゃないかと思うからです。

    大人が思うより、意外と子どもは強いのです。

    掲載日:2009/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くちばし どれが一番りっぱ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

全ページためしよみ
年齢別絵本セット