しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ちいさなヒッポ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちいさなヒッポ 作・絵:マーシャ・ブラウン
訳:内田 莉莎子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年1月
ISBN:9784033272504
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,797
みんなの声 総数 68
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • カバの親子愛

    このお話はお母さんカバと子供のカバの親子の愛が溢れた絵本でした。お母さんカバが子供に行き方を教えているシーンがとってもほほえましくって顔がにこやかになりました。うちの子もカバの子供のマネをしたりして楽しそうに見ていました。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • グァオ! おかあさん!

    版画ですが、とても上手く出来ているなあって思いました。おかあさんかばが、ヒッポの叫び声を聞いて大きな口を開けた時や、わにをくわえて振り回した時がとても迫力があって勢いさえ感じました。ヒッポの叫び声を絶対に聞き逃さないおかあさんかばに感動しました。さすがだと思いました。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物のお母さん

    野生の動物が生きていくには、多くの危険があることでしょう。

    ヒッポのお母さんは、小さなヒッポに身の守り方を教えます。

    母から子への、厳しいけれど愛情あふれる子育ての様子がわかります。

    版画で描かれた絵も、動物の表情がいきいきとしていて、迫力がありました。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 版画が魅力的

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「三びきやぎのがらがらどん」が有名なマーシャ・ブラウンの作品。
    マーシャ・ブラウンは、「シンデレラ」「あるひねずみが」「影ぼっこ」と実に3度もコルデコット賞を受賞しています。

    この作品は、かばの親子を描いた版画絵本で、1969年が初版になります。
    子供のヒッポとおかあさんの微笑ましい姿が続くのですが、やはり見せ場は、ヒッポがワニに食べられそうになったシーンです。
    母強しといったところなのですが、おかあさんが言った一言が、心に響きました。
    「わすれちゃだめ!ちいさなかばは、どんなときでも、『グァオ』ってさけぶのよ!」というセリフは、人間の親子と全く同じ。
    そこには、パパが到達できない領域があるのです。

    楽しさが絵本から溢れ出していると思わせるような絵本でした。

    掲載日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちいさなヒッポ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット