バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?

どんどこ ももんちゃん」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

どんどこ ももんちゃん 作:とよた かずひこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784494001361
評価スコア 4.77
評価ランキング 517
みんなの声 総数 263
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

52件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 思わず顔がほころぶ…

    娘が1歳の時、私がたまたま図書館で見つけて読んだ絵本。
    そのときも親子共々気に入って何度も読みました。
    そして、3歳も後半に入った今、娘はまだ覚えていたのか自分から読みたがって借りてきました。

    非常に単純だけど、愛に溢れるお話。
    ももんちゃんが真剣なまなざしでひたすら、どこかへ向かって突き進んで行きます。
    「どんどこ どんどこ」の繰り返しが心地よく、絵もとてもかわいらしいです。
    ももんちゃんがお母さんに抱きつくところは、なんとも言えず心がほんわかします。そして、子供たちをギュッと抱きしめたくなる、そんな絵本です。

    今0歳の息子にもぜひ読んであげたい…今回2年ぶりに手に取ってさらに気に入ったので、購入してずっと手元に置いておきたい絵本のひとつになりました。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • ももんちゃん 読んで!

    どんどこ どんどこ
    歩くリズムは息子と同じです。

    歩く姿は、オムツ一枚でこれまた息子と同じ。

    ママが思わず読んでいて、「なんだか、うちの子みたいね」と、にっこりしてしまうような、そんな本です。


    息子は、途中で熊さんがとおせんぼする場面が大好き。
    熊さんとももんちゃんが組み合って
    「どーん」と、ももんちゃんが熊さんを投げる、勇ましい姿に
    なんとも憧れるようです。

    ももんちゃんが、山を下るとき頭をぶつけてしまうのですが
    ママに抱っこされるまで、泣くのを我慢するする姿を見て
    息子も我慢することを覚えたようです。

    掲載日:2010/08/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • おかあさんへのプレゼントにもいいかも。

    最後のページのももんちゃんに、あまりにズキューンときて
    息子の為というより、自分の為に買ってしまった、この絵本。

    嬉しいことに、息子のくいつきもよかった。
    ももんちゃんがドチっとするところで、なぜか爆笑。
    大きなくまさんを小さなももんちゃんが
    どーんとしてしまう時は不思議そうな顔。
    いつも、いろんなことを考えてる顔をして聞いています。

    そして、お母さんのところに、最後かけよって、トンとする姿。
    このページだけで、心がホッとして
    頑張れるママさんってたくさんいるとおもう。
    1歳児ぐらいのお母さんへの、ちょっとしたプレゼントにもどうかな?

    掲載日:2010/07/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • クマとの展開に笑ってしまいました

    1歳5カ月の息子は自分のことをももんちゃんだと思っているみたいです(ももんちゃんが自分だと思っている??)
    それくらい、1歳児が感情移入できるシリーズだと思います。

    ももんちゃんがなんだかんだ最後はママに行く、というのが読み手として安心感があります。
    ほのぼの物語なのに中盤にハラハラさせる展開があるのもにくいですね。
    クマと対峙したときはどうなるかと‥まさかこうなるとは思いませんでしたwももんちゃんすごい。

    とってもかわいくてほんわかさせられる、ももんちゃんシリーズ、息子も大好きでオススメです。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 娘が一番大好きな絵本です

    絵本クラブ対象

    「どんどこ どんどこ どんどこ どんどこ ももんちゃんが急いでいます」と読み始めると、娘は嬉しそうにニコとします。
    くまさんがももんちゃんの行く手を阻むところでは、ももんちゃんと一緒にくまさん退治をしようと絵本のくまさんをドンドンとたたいてやっつけています。
    退治できるとバンザイをしています。
    転んで泣いているときは、ももんちゃんをいい子いい子して撫でています。

    字は読めないけれど、絵本から話の内容がわかっているんだなと嬉しく思いました。
    この本は娘がちょうど1歳になった頃に絵本ナビで購入しました。
    ぜひオススメできる一冊です。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大笑いの絵本

    息子が0歳から3歳の今まで、読んでと繰り返し持ってくる一冊です。
    くまさんとおすもうするページと、転がって頭を打つページが特にお気に入りで、読む度に笑っています。(母としては、頭を打つももんちゃんに大笑いなのは複雑な気持ちなのですが…)
    どんどこどんどこ、という独特のリズムも楽しいです。
    母としてのオススメポイントは、可愛いももんちゃんが色んなことを乗り越え、泣きながら急いで向かう先は、お母さんの所、というラスト。子どもはやっぱりお母さんが大好きなのですね。ほっこり。

    掲載日:2017/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ももんちゃんぱわー

    どんどこ どんどこ くりかえし読んでいるととても音の響きが
    面白い言葉だなあ、、と思いました。
    この絵本は、ももんちゃん本来の(?)パワーを感じます。
    丸木橋を這い、急な山を登り、とうせんぼうされたおおきなおおきなくまさんに体当たり、、あれれ、すごいなあ。
    やまからころがっちゃって、泣きながらもどんどこ。
    目的地は、やっぱりね!!!

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子から

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子3歳

    人気なのは知っていたけれど、絵があまり好みじゃないので、なんとなく避けてました。しかしひょんなきっかけで読んでみたところ、簡単なストーリーや、繰り返しのフレーズ、単純な絵は、小さい子にいいのかもしれないなぁと思い直しました。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんどこどんどこ…って語感が面白いのか、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    集中して見ていました。ももんちゃんが涙をこらえている場面では、感情移入しているのか、自分も神妙な表情でももんちゃんを見守っていました。やっぱりお母さんが最後に登場すると安心するんですね。そんな母親になりたい。

    掲載日:2014/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘のお気に入り

    • かなおママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子2歳

    今、3歳の娘が1歳の頃に読みきかせをしていました。
    娘が大好きだった絵本です。

    特に、くまさんがどーんと倒れるシーンがお気に入りで
    そのシーンを何度も読み聞かせしていました。

    他にも、ももんちゃんシリーズはあるのですが、
    その中でも1番のおすすめのお話です。

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どんどこ ももんちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


死んでおばけになったおじいちゃんの忘れものとは…?

みんなの声(263人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット