ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

くんちゃんのだいりょこう」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

くんちゃんのだいりょこう 作・絵:ドロシー・マリノ
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1986年5月26日
ISBN:9784001105919
評価スコア 4.79
評価ランキング 375
みんなの声 総数 52
「くんちゃんのだいりょこう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やらせてあげるって大事な事

    冬を迎える季節になり、鳥達が向かう暖かい場所に行きたいと思うくんちゃん。
    そんなくんちゃんの冒険心を、パパがちゃんと受け止めて、理解してあげます。

    くんちゃん、自分で出かける準備をするのですが、出かけては忘れ物を思い出して戻ってきます。そんな光景が何度も繰り返されます。
    そうそう、子供が出かける時の準備って、大人がしていても大変ですもの…。大人でも忘れ物して取りに行く事がしばしば…。

    出かける前には必ずママにキスをするところ、すごくかわいいです。

    子供がやりたい事をやらせてあげるのって、親も結構忍耐が必要なので、駄目って言ってしまう事も多いけれど、やらせてあげることで、経験する事でわかる事って沢山あるんですよね。

    眠りから覚めたくんちゃんは、きっと満足していることと思います。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 旅行には行かなかったけれど

    渡り鳥に憧れて、くんちゃんも旅行をしたくなりました。
    冬眠する時期ですが、くんちゃんの好奇心を、パパ・ママは見守ってくれています。
    その親の姿に、「かわいい子には旅を〜」という、ことわざを思い浮かべました。

    結局、くんちゃんは旅に出ませんでしたが、気持ちは満足しているだろうと思います。

    何事も経験なのですね。

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいくんちゃん

    渡り鳥が南へ行く冬。
    くんちゃんも暖かいところへ行きたいと思って
    だいりょこうを企てます。
    でもなかなか旅行に出かけられず
    必要なモノをいちいち家に取りに帰っていくんですよね。
    そのうちに疲れちゃって・・・・っていう
    その姿がすごく微笑ましくてかわいいです。
    『こぐまのくまくん』ていうシリーズのこぐまくんと
    ふんわりしたキャラクターがよく似ているなと思いました。

    掲載日:2009/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くんちゃんのだいりょこう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ともだちや / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / にじいろのさかな / オニじゃないよ おにぎりだよ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット