だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

不思議の国のアリス」 大人が読んだ みんなの声

不思議の国のアリス 作・絵:ロバート・サブダ
原作:ルイス・キャロル
訳:わく はじめ
出版社:大日本絵画 大日本絵画の特集ページがあります!
本体価格:\4,000+税
発行日:2004年
ISBN:9784499280860
評価スコア 4.81
評価ランキング 223
みんなの声 総数 53
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • とてもじゃないが開けません。そのくらい精巧に出来ています。個人的に、自分一人で1ページ1ページ開いて「うわぁーっ…!」と楽しみたい絵本です。私は性格が悪いでしょうか。親の監視下であれば、一緒に見て楽しんでもいいかも知れませんね。

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素晴らしい!!!

    子供にと思い購入したのですが、親が夢中になれるしかけ絵本です。
    1ページ1ページが細かく、思わず裏から見てみたりするほどです。

    まだ子供が小さいので、しかけを握って破ってしまったりするので、今のところ親のみ楽しんでいますが、本当に素敵な絵本です。

    ただ本を読むよりずっとアリスの世界に入り込んだような気分になります。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • あっぱれです。

    ロバート・サブダ作のしかけ絵本、最初の出会いはプレゼントでした。
    “すごいもの見つけたよ!”
    包みを開けて、本を開いて…。
    ただただ圧倒されました。本当、すごい!

    「不思議の国のアリス」
    今回、間違えて(笑)、日本語版も買ってしまいました。
    それでも、初めて見た時と同じように驚けるのですから、
    芸術作品は素晴らしいです。
    感動の嵐です。

    今、シリーズ作品を一点一点買い求めています。
    素敵なしかけに楽しみも倍増です。

    掲載日:2010/04/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議な世界

    こんなに複雑に飛び出して、それでパタリと本を閉じることができるなんて驚きました。たねもしかけもありません。。。こどもたちは何度も何度もひらいたりとじたりして仕組みを調べようとしています。こんな驚いた本は初めてです。不思議の国のアリスのお話はありますが、それが立体的に見えるというのは、よんでいて分かりやすいです不思議な世界がひろがって、そこへ読み手も入り込んでいきやすい。大切に扱いたい本です。

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供も大人も感動!!

    「不思議の国のアリス」は絶対に我が子に読んでほしい名作の1つ。
    でも我が家の娘はまだ5歳幼稚園児。
    児童書としてのアリスを読み聞かせてもその世界観が理解できるかな〜という思いが正直ありました。
    そんな中で見つけたこの「不思議の国のアリス」のしかけ絵本。
    たぶん子供はお話云々よりもしかけに魅せられてしまうでしょうけれど(笑),これなら5歳児にもアリスの不思議な世界を感じられるかなと☆
    また,ただシンプルに開くしかけや引っ張って動くしかけなどでは物足りなくなってきた5歳児にはびっくりする程のしかけで(大人でも感動するしかけです!),これからも長〜く楽しんでもらえるという意味でも魅力的ですね。
    不思議の国のアリスの細々としたお話の内容は小学校中学年以降に自分で読んでもらうとして,まずはこのしかけ絵本でアリスの世界に感動してほしいな〜という思いを込めて,娘へのプレゼントの候補になりました!

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本を読まない大人にも

    この絵本で、はじめてサブダを知りました。はじめてページをめくった時のおどろきは、忘れられません。しかけ絵本が大きくかわったと思いました。全く絵本に興味のない人(大人)にも見せてみました。こどものように、驚いて、絵本に見入っていました。
    今年は不思議の国のアリス、150周年の記念の年です。ふだん絵本を見ない大人にも喜んでもらえる絵本だと思います。

    掲載日:2015/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくり

    • はすかさん
    • 20代
    • その他の方
    • 島根県

    有名なとびだす仕掛け絵本ですが、初めて見たときは本当に驚きました。
    他では見たことないような飛び出し方をするので、どこがどうなってるのか何度も開けたり閉じたりして見てしまいます。魅入られてしまいます。
    作りが繊細ですし、オトナのための絵本って感じだなーと思いました。
    けどもちろん、子供が見ても感動ものだと思います。普通の絵本でいうボードブック版のような丈夫なバージョンが作れないものかなーと思いました。(仕掛け的に厳しそうですが…)

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいの一言

    アリスの世界観がいっぱいつまった絵本です。
    誕生日に、母にねだって買ってもらいました。絵本にしては少々高価なので・・・でも、値段を上回る、すごい仕掛けがいっぱいでした。
    たくさんのしかけで、アリスの世界が実際に目の前に浮かんで見えます。
    ただ、とても細かいので、子どもと読むと、壊れてしまうかも・・・触らないで見てっというのも酷だし・・・
    家の中に飾ったり、大人が息抜きに眺めたりする絵本だと思います。

    掲載日:2014/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • すばらしい、の一言

    プレゼントでいただきました。他のしかけ絵本とはまったく違った世界があります。

    大人でも、ページをめくるたびに「わ〜っ!」と驚き、感動してしまいます。

    繊細なしかけになっているので、3歳と6歳の子どもたちには、大人がいるときに一緒に見せています。
    もちろん、子どもも感動して夢中になりますが、触りたがるので、なかなか見せてあげられず、もう少し大きくなったらゆっくり見せたいと思っています。

    大きなお子さんや、大人にプレゼントしても、充分喜んでもらえる絵本だと思います。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 芸術的作品

    初めは洋書バージョンを買ったのですが、いつか子供に読ませたくて、和訳バージョンのこちらも買いました。
    しかけメインと思いきや、絵本としてもしっかり字数があるので、幼稚園児ぐらいにならないと、子供一人で読むのはしんどそうかな?
    しかけが丈夫な紙でできている方でも、丁寧に扱えないうちは見せられません。
    それ程私が思い入れのある絵本です。宝物の1つです。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「不思議の国のアリス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / こんとあき / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット