あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

えんふねにのって」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

えんふねにのって 作:ひがし ちから
出版社:ビリケン出版
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784939029387
評価スコア 4.85
評価ランキング 83
みんなの声 総数 67
「えんふねにのって」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 幼稚園児がハマる・・・

    4歳の娘と一緒に読みました。

    「園バス」ならぬ「園ふね」、4歳の娘が、私も乗りたい〜と、とっても喜んでいました。

    絵本は、自然豊かな風景がいっぱい。
    本当に「園ふね」があるかの様な錯覚をしてしまします。

    所々、「しゅっぱつ〜!」や「えんちょうせんせい〜」などという所は、子供が大きな声で読んでいました。

    幼稚園児にはピッタリの絵本だと思いました。
    これは、お勧めだし、ぜひ購入したいです!!

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • わくわくします

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    こんな風に通園できたら素敵ですねぇ。
    うちの娘たちは自家用車で保育園へ通っているので、カラフルな幼稚園バスを見かけると、「あれに乗りたい〜」と叫びます。
    バスでさえそうなんですから、船だったらなおさら。大人だって乗ってみたいですもの。
    船がお空を飛んで、町全体が見渡せるページが気に入ったようで、すみずみまでじーっくりと眺めていました。
    子どもだけでなく、大人もわくわくさせてくれる絵本でした。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • いいな〜

    このお話はうちの子とっても喜んでいました!!うちの子はバスなのですが、この絵本では船だったので、終始、「いいな〜いいな〜」って言って羨ましく思っていたみたいです。毎朝船でお迎えなんて素敵なお話でした!!

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい経験

    タイトルではピンとわからなかったのですが
    「園バス」じゃなくて「園船」が登場する絵本です。
    なかなか素敵な設定です。
    途中、えんふねはクレーン車につるされて、
    ふわりと宙に浮かびます。
    空から見下ろす町の景色は絶景です。
    みんなを乗せたえんふねが空に飛んでいった気持ちがわかります。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • キラキラ

    「えんふね」
    あったらいいですね〜♪

    現実には、ありえない設定ですが、あまりにもリアルにそして
    生き生きと描かれていて、架空の世界ということを忘れそうです。

    水際のカメにアメンボウ、魚をくわえるシラサギ、
    まきちゃんのおばあちゃんがくれたトマト…。
    全てがキラキラ生き生きしてて、
    川のせせらぎや澄んだ空気まで、リアルに伝わります。

    クライマックスで、空をとんだえんふね。
    爽やかな風を胸いっぱい吸い込むような清々しさと
    解放感でいっぱいです。

    そして最後は、両手を広げて待つ園長先生。
    ほんとうに素敵なお話でした。

    掲載日:2011/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園に行くのが楽しくなる…かな

    ちょっと年中さんになり、新しいクラスと先生にナーバスになってる感じがする息子。その気持ちを少しでも和らげてあげたいなと思い、買いました。題名を見たときは「えんふね」って何だろうと思ったのですが、評判が良かったので。で評判通りの絵本でした。
    息子はやっぱり見開きいっぱいのとびうお号が飛んでるページが好きですが(確かにこどもたちの歓声が今にも聞こえそうなステキなページです)私は「あ、いま かぜが ほっぺ さわった!」のページがお気に入りです。朝起きた時に息子と読んで、幼稚園に行く気持ちを高めさせてから行くのが日課になってます。
    ただひとつだけ。船をクレーンで吊るときは、安全上の観点から人は乗せないだろう、と主人がポツリ言ってました。確かに。息子には言ってないけど。

    掲載日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なお話でした!

    『えんバス』ならぬ『えんふね』に乗って登園する子供達のお話です。
    えんふねって本当にどこかであるんでしょうか?
    とっても素敵なお話でした。
    風を感じたり、野いちごを発見したり、橋の上からの野菜の差し入れを受け取ったり・・・。
    毎日、こんなえんふねに乗って登園できたら、子供達も幼稚園に行くのがきっと楽しいでしょうね。
    途中のハプニングがまたとってもワクワクドキドキして良かったです。
    娘も最初から最後まで目を離さずにじっと見入っていました。
    これから幼稚園に入園する娘ですが、幼稚園の生活の楽しさが期待できるような素敵な絵本でした。

    掲載日:2009/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 羨ましいえんふね

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳

    園バスもいいけど、園船ってステキ♪
    毎日の通園なのに、毎日が冒険ですね。
    でもきっと子供の目線だと、こんなふうに日常もワクワクがいっぱい
    なのかも・・。

    よいしょっと乗り込んで川の水を触ったり、
    おばあちゃんがとれたてトマトを橋から差し入れてくれたり。
    そしてそしてのハプニング・・・!!
    ドキドキハラハラの展開で、空にも昇る心地のこどもたち。

    同じように幼稚園児の息子もくいいるように見ていました。

    日本のどこかにも、こんなふうな「えんふね」は実際
    あるのでしょうか。
    もしあるのなら、この絵本の町みたいにとっても住みやすそうな
    きれいな所なのかもしれないなーなんて想像してしまいました。

    掲載日:2009/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • えんふねに乗りたい!

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    評価が高かったので読んでみました。

    「えんふね」という名前の船かと思いきや、幼稚園バスの船バージョン「園船」だったのですね。船での登園なんて考えただけでも楽しそう!

    地域の皆様の暖かい関わりあいがあってこそ、園船の運航が支えられているのだなぁと思いました。この町の子たちは、いい子に育ちそう。

    こんな幼稚園に、娘を通わせたい!

    掲載日:2009/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそうだなぁ

    2年ほど前、娘がバス通園をしている時に読みました。

    娘の幼稚園のバスも2種類の乗り物型があって、結構楽しそうだったのですが、この絵本にでてくる「かわのそば幼稚園」は何と船で通うのです。

    えんふねで幼稚園に通うとは、なんて素敵なんでしょう。
    特に初夏は気持ちいいだろうなぁ。

    冬とか現実的な事を考えると大変そうなんですが、この絵本を読むとえんふねがとても魅力的で、こんな風に通ってみたい!と思うんですよね。

    息子が幼稚園に通うようになったらまた読みたいです。

    掲載日:2009/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「えんふねにのって」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(67人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット