雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

えんふねにのって」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

えんふねにのって 作:ひがし ちから
出版社:ビリケン出版
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784939029387
評価スコア 4.85
評価ランキング 88
みんなの声 総数 67
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議なえんふね

     「えんふね」と聞いて,ピンとこなかったのですが,「幼稚園の船」の事だと分かって,納得しました。

     子供たちを乗せて,川を幼稚園まで向かう「えんふね」。ゆっくりと進む船を,川沿いにいる人たちが見守っているような感じが,とてもいい!(これが,バスでは,通りすがりの人もゆっくり見ることができません。)

     子供たちも,ゆっくり流れる風景の中に,季節を感じ,様々な発見をします。
     そして,ある出来事をきっかけに,不思議な事が・・・。これが,夢なのか,現実にあった事を子供たちがそのように感じたのか。

     「えんふね」。よく考えると,現実にはありそうもないのですが,何故か懐かしさを感じてしまう。
     とても不思議な気持ちにさせる絵本です。

    掲載日:2011/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな幼稚園

    ここの幼稚園に行くには
    園バスじゃなくて園船に乗っていくんです
    家の前を流れている小川に行けば
    先生が船に乗せてくれて
    お友達ももう乗っています
    これからのんびり園までおふねにゆられて行くんです

    とっても素敵な話です
    のんびりしていて
    昭和の頃ならあったのかな〜
    これって実話なのかなぁ〜
    実際に今もどこかにあるお話なのかなぁ〜
    なんていろいろ想像しちゃいました

    うらやましくなっちゃって
    次の日から子どもがだだこねないかなって
    少し心配しちゃうくらい
    かわいいお話です

    掲載日:2010/04/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「えんふねにのって」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

みんなの声(67人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット