ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

えんふねにのって」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

えんふねにのって 作:ひがし ちから
出版社:ビリケン出版
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784939029387
評価スコア 4.85
評価ランキング 83
みんなの声 総数 67
「えんふねにのって」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • えんふねがそらとんでびっくり

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪9歳

    えんふねとは川のそばのようちえんまで乗せてくれる船のことです。絵を見ているだけで初夏のすがすがしいみどりのなかで、気持ちよく船に乗っているのを感じることができます。ようちえんまで乗せて行ってくれる船ってないはずなのですが、絵が暖かく(作者が子供たちを愛しているからなのでしょうね)本当にえんふねがあってもおかしくないと思えるような物語の進み方です。日本人が持っている理想の原風景みたいなものがあるのでしょうね。
    さて物語ですが、ようちえんにいくまきちゃんはえんふねに乗ってようちえんまでいくのですが、アクシデントが。。。降りて歩いて行くのかなと思っていたら、空飛んだ!!!
    (これにもわけあり)9歳になる姪っ子が空飛んでいるよとびっくりしていました。
    ようちえんにはいる子供へのプレゼントにもいいかもしれませんね。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高学年の読み語りでもいけるかも

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    このひがしさんの作品は「ぼくのかえりみち」の方を先に読みました。
    この話が子どもに大変ウケたので、調子にのって、この「えんふねにのって」を探してきました。
    実は、この絵本はほかのボランティアのお母さんたちに「すごくいいよ」と、すすめられていたのですが、自分の子どもはもう、幼稚園じゃないしなぁ…と、ちょっと手を出さずにいたんです。
    でも、年なんて関係ないよ〜!!すごく良かったです。
    なんで子どもの年なんて考えちゃったんでしょう。
    小学生が読んでも楽しいです。中学生が読んでも、喜んでました。
    「こんな幼稚園に通いたかった」とどなたかの感想にあったような気がします。
    ほんとそうですよね。(^^)
    園バスなんかよりとっても楽しそうです。
    我が家は、園バスすら乗らない幼稚園だったので、余計うらやましさがつのったようですが…。

    これ、思い切って、小学校の低学年の読み語りでもいけそうです。いや、もしかしたら、高学年でもオーケイかも。今度子どもたちにリサーチしてみようかと思います。

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • うらやましい?!

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子10歳、女の子9歳

    とってもさわやかな風が絵本の中から飛び出してきました。
    構図がおもしろくって、遠くに視点があったり、近づいたり、
    空から、下から、いろんな角度から見る絵はとても魅力的でした。
    読み始めた時、「えんふねって?」と疑問がわき、
    なんだろう〜なんだろう〜とグッと話の中に引き込まれました。
    理由がわかり、「いいなあ〜」やら「幼稚園の時はよかった」など、
    ぼやき?なんかも聞けたりして・・・。
    冒険心をくすぐられ、夢あふれる作品です。

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗ってみたいなあ

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    えんふねってなんだろうと思ってたのですが、幼稚園の通園用の船なんですね。
    船で通園できるなんて、すてき。それに乗れる子どもたちや先生がうらやましくなりました。
    風がほっぺにさわった!なんて、船に乗ってる子だから感じることですね。この表現が気に入ってしまいました。
    えんふねに乗って、ゆっくりと流れるときが幸せを運んでくれるように思いました。

    掲載日:2008/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「えんふねにのって」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(67人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット