だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

さとうねずみのケーキ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

さとうねずみのケーキ 作:ジーン・ジオン
絵:マーガレット・ブロイ・グレアム
訳:わたなべ しげお
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784752003199
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,953
みんなの声 総数 29
「さとうねずみのケーキ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 良かった良かった

    6歳4歳の娘たちに読みました。かなりの文字数があり、4歳次女には無理かなと思っていたのですが、次女もじっと聞いていました。

    貧しいケーキ職人トムがお城の中の引退する料理長に代わる料理人のケーキコンテストに出るお話です。そして協力者はねずみのティナ。アクシデントでケーキの上に座らされることになったのです。

    娘たちと「どうなるのー?」とハラハラドキドキしながら読みました。最後はホッとしました。どんどんお話に引き込まれていきますよ。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラドキドキ

    『どろんこハリー』の作者コンビの作品。ちょっと長いお話ですが、子供も私もこの絵本が大好きです。
    見習いケーキ職人のトムが、ケーキコンテストでさとうねずみのケーキをつくります。でもここぞという時にデコレーションのさとうねずみが壊れてしまい、トムと仲良しのねずみティナが、そのさとうねずみの代わりをすることに。
    一緒に読んでいた子供たちは、じっと動かないように我慢しているティナを心配しながら聞いていました。バレちゃうんじゃないか、もしかして食べられちゃうの?!とハラハラドキドキ。最後まで気が抜けなくて、ホント楽しいです。

    掲載日:2014/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラ・ドキドキ

    我が家では、長いお話の場合は途中でくぎって「続きはまた明日」とすることがお約束です。
    この本は、私にとって長いほうになるので「途中までね」と、子供と約束して読んだのですが、続きが気になって一気に読んでしまいました。

    いつ、ネズミのティナがばれてしまうんだろうと思うと、気が気でなく、ハラハラ・ドキドキの連続でした。
    もう、こんなにドキドキしていては、結末が気になって眠れないという感じです。

    最後には、トムは料理長になり、ティナはトムのもとへ帰ってきて、ハッピーエンドになったので、安心して読み終わることができました。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さとうねずみのケーキ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

とんことり / とけいのほん 1 / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット