大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ぼくがいっぱい」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくがいっぱい 作・絵:いもと ようこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年04月
ISBN:9784265069576
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,694
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 誰でも共感できる

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    今度小学校に入る息子に読んでやろうと借りてみました

    僕がいっぱいいたらいいなーというのは
    他の方も書いてますが、だれでも一度は考えたことがあるでしょう。
    そして共感できるテーマだと思います。

    嫌なことも、他の人に頼まず自分でやっておけば
    このお話にあるように好きな子に出会えたり意外といいこともあったりしますよね。
    だから人生の中で必要なのことなのかもしれないと子供にわかりやすく教えていると思いました。

    最後に僕がたくさん返事をしたとき、ぜひお母さんには本物の「ぼく」を見出して終わってほしかったと思いました。
    その点で星一つ減らしました。

    掲載日:2011/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰でもいつかは考えること

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子16歳、男の子14歳、男の子 6歳

    猫の手も借りたい年末、そうでなくても忙しい時に自分がいっぱいいたらどんなにか便利だろうと思うのは皆同じなんですねー。そう思った時にこの絵本が出来ちゃったと作者の後書きにあり、何だかふふっと頬がゆるみました。この絵本をお友達に勧めたい絵本として紹介している1年生が何人もいたので是非私も読んでみたくなって図書館に予約しました。
    ”僕”もそんな一人。あれよあれよという間に僕がいっぱいに。便利なことも、困ったことも、美味しい事もあるんですよね。6歳の息子も少なからず、思ったことがあったのでしょう。時よりニヤニヤ・デレデレ?しながら聞いていました。やはり最後の最後に元気にお母さんの呼んでいるところへ飛んでいく僕の姿が爽快でした。

    掲載日:2010/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰でも一度は思う

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子8歳、女の子6歳

    あれもこれもしなくてはならない。
    そうだ、自分がたくさんいたらいいんだ。嫌なことは他の自分にまかせちゃえ。
    というのは、誰もが一度は思うのかな?私は今でも思いますよ。

    こんなお話は子供には分かりやすくて、しかも面白いのでお勧めです。
    表紙の絵も、ぼくがいっぱい並んでいるデザインで大変かわいいです。

    ただ、「夢でした。」っていう最後のオチは好きじゃありません。
    それ以外に終わらせようがないんでしょうが、終わらせ方がちょっと雑な感じがしました。
    摩訶不思議なことがおこっているお話の終わらせ方って、おばけや夢以外、どうすればしっくりいくんだろうと思わず考えてしまいました。

    掲載日:2010/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分身

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    確かにもう一人自分があたらいいのに・・・
    って思うことはあります。
    自分がいい思いをするために誰かにいやなことを押し付けちゃうって言うのは、どうかな??と思いますが。
    この本を読んで、
    頑張ればいいこともあるんだから自分で何でもやろう!
    と、子供たちには思えたようです。
    その気持ちが長続きするように願います(笑)

    でも、僕の多さに驚きました。
    この中でほんとのわが子を見つけるのは、大変でしょうね。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと、お疲れのママに

     子どもは小学校に入るは、身内に重病人は出るは、残業はあるは、出張はあるは、家で午前2・3時まで持ち帰り仕事はあるはで、てんてこ舞いの時期に購入しました。
     
     いもと先生の描くキャラクターは、あったくてほんわかな気持ちにさせてくれるので、私自身の癒しのために読みました。

     小学一年のむすこは、「これはいいわあ〜。べんりだわ〜。」といいながら、つきあってくれました。

     タイトルどおり、主人公が彼なりの多忙さから、こんなことを考えていたら……。

     いもと先生、その節はありがとうございました。おかげさまで、にこにこお母さんでいられました。

     ちょっと、お疲れのママに。

    掲載日:2009/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • もしも・・・な話

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    もしも、ぼくがいっぱいいたら・・・
    私も子供の頃、そんなふうに思ったことがあるように思います。
    たいしたことではないのだけど、あれもやって、これもやって・・と、することが山積みになったら、分身の術ではないけれど、自分が何人もいたらなあ、と。
    この絵本は、それが現実になって、どうなるかというと・・・。
    面倒くさいことでも、嫌なことでも、それをしなければ楽しいことも嬉しいこともやらない分だけ少なくなるのですね。
    でも、子供は「本当にこんなことができたらなあ」なんていっていますが(怒)。

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくがいっぱい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット