うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

4こうねんのぼく」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

4こうねんのぼく 作・絵:ひぐちともこ
出版社:そうえん社
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年12月
ISBN:9784882642329
評価スコア 4.86
評価ランキング 57
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本当にできたらいいね

    このお話は、学校で宇宙のはなしを学んできた男の子がお父さんに自分が将来高速ロケットを発明するのが夢になったと話すお話でした。うちの子は一光年前の宇宙からなら昔の地球が見ることができるというお話を聞いて「僕もそんなロケットと乗ってみたいな」って憧れていました。

    掲載日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4光年

    関西弁での文章です。
    「そしてな〜」や「それでな〜」といった言葉が多かったように思います。
    子供の話し方らしい感じですね。
    どうやら、お母さんがいない家庭のようです。
    父子の仲の良さとともに、母を恋しく想う様子も見受けられて、切なくなりました。

    掲載日:2013/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人向けかなー

    父子家庭を題材にした
    心が温かくなるようなおはなしなのですが
    すいません、小2の娘はポカーンでした・・。

    淡々としたやわらかい関西弁で男の子が語るのですが
    それがまた大人には、涙ものなのです。
    お話が進むにつれて
    なんとなくお母さんがいないのがわかってくるのですが
    小2の娘には、ちょっと察するのは難しかったようです。

    大人向け絵本だと思います(*^_^*)

    掲載日:2012/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し寝かせておきます

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子4歳

    1光年の意味が、うちの子にはまだ、ピンとこなかったらしく、
    なぜ、恐竜?なぜお母さん?
    ?????????
    という反応。
    方や、私はというと、もう、涙がポロポロ。
    明るさの裏に秘められたぼくの思いと、お母さんと幸せそうにしている何気ない一場面をみると、もう、切なくて、切なくて…

    子供に何とか理解してもらいたいと、一生懸命、説明したのですが、
    「ぼく」の心のうちまでは、まだ、感じ取れなかったようです。

    彼が、もう少し成長したら、必ず、読み直そうと思いました。

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「4こうねんのぼく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット