庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

にんきもののねがい」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

にんきもののねがい 作:森 絵都
絵:武田 美穂
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1998年10月
ISBN:9784494013326
評価スコア 4.79
評価ランキング 408
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいいねがい

    小学校1年生の長女が図書館で借りて来た本ですが、こっそり私も読んでみて、とても面白かったです。
    ちいさい頃、なぜか「◯◯さん」って苗字で呼ばれる子っていたよなぁ、となつかしく思い出しました。その子もあだ名とかに憧れていたのかしら?学級委員長でクラスの人気者なのに、あだ名を付けてもらえずに悩んで奮闘する「こまつくん」がかわいくて、楽しくて、応援したくなります。
    「にんきもののひけつ」やその他たくさんシリーズが出ているようなので、他も読んでみたくなりました。

    掲載日:2012/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • キンキンよかったね♪

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    前作『にんきもののひけつ』がおもしろかったので、2作目も読んでみようと、図書館から借りてきました。

    さすが!森絵都さん☆
    今回も期待を裏切りません!
    おもしろかった〜♪

    シリーズものなのに、1作目と主役が逆転する設定がおもしろいです!
    (そういえば、私がはまってる、森さんをはじめ、あさのあつこさんや佐藤多佳子さんの、児童文学や小説は、単元毎に主役が代わるものが多いです!)

    今回の主役は、にんきもののこまつくん。
    前作で、こまつくんのキャラに魅せられ、ファンになった私!さらに、傍から見ると些細でありながら、本人にはとっても重要な悩みを、ていねいに描写していて、惹きつけられます。

    「こまつくんなんて、全然かっこよくない!○○くん(好きな男の子)の方がずっとかっこいい!!」
    なんて言っていた次女も、庶民的なキャラのこまつくんを憎めなくなったようです(爆)。

    3作目も早く読んでみたいな〜♪

    掲載日:2008/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「にんきもののねがい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット