モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

にんきもののはつこい」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

にんきもののはつこい 作:森 絵都
絵:武田 美穂
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2001年04月
ISBN:9784494013340
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,386
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぶりっ子にはぶりっ子の想いってやつが

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    「にんきものの本」シリーズ4作目。
    私も子どもも、ぶっちぎりノンストップで、この4冊を読み切りました。えぇ、そりゃ〜面白くって面白くって。

    4作目のこの本はクラスの女子には嫌われ者、男子には人気者のきさらぎまいこが主人公です。
    まいこは男子の前ではいわゆる『かわい子ぶりっこ』ってやつをしています。だから、見た目はかわいいけど性格はちょっとって、女の子。

    そんなまいこ目線で、物語は進行しています。
    ぶりっこはぶりっ子なりに、いろいろ悩みがあって、努力もしているんだ。と、まいこの身になって、初めてわかることもあるんですね〜。

    うちの子どもたちはラストの方の、キンキン(こまつくん)とまいこが金魚ばちを持ったまま会話するところで、とてもウケていました。

    やっぱりお薦めするとなると、ちょうど主人公たちの年齢である小学校3〜4年生くらいが、一番気持ちが分かるかもしれませんね。
    でも、字が大きくて読みやすいので、ひらがなさえ読めれば2年生くらいからでも面白いと思うし、字や絵が大きすぎるのを我慢すれば6年生でも楽しめるお話だと思います。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「にんきもののはつこい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / からすのパンやさん / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット