くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ばけくらべ」 大人が読んだ みんなの声

ばけくらべ 作:松谷 みよ子
絵:瀬川 康男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1989年09月
ISBN:9784834004922
評価スコア 4.07
評価ランキング 19,654
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵が黒っぽくて遠目が聞かないのが残念

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    かなり年季の入った絵本です。
    最初に出たのは1964年らしいです。

    瀬川康男さんの、ちょっとまぬけなたぬきたちがなんとも言えず可愛かったです。
    昔話っぽい創作です。
    全体が黒っぽい絵柄なので、遠目はききません。話は単純で小さな子でもわかると思いますが、お話会とかで読むには、少々聞き手が見づらいかもしれません。

    話自体は楽しいものですが、「ばけくらべ」なので、たぬきときつねの「化かし合い」最後にキツネが泣きながら帰っていくので、このラストを面白い。と思うか、かわいそう。と思うかで、好き嫌いが出そうな作品です。

    掲載日:2010/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ばけくらべ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.07)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット