だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

100万回生きたねこ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

100万回生きたねこ 作・絵:佐野 洋子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1977年10月
ISBN:9784061272743
評価スコア 4.61
評価ランキング 2,968
みんなの声 総数 258
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大人向けの深いお話です。

    100万回も生き返っていろんな飼い主に愛されてきた経験を持つねこですが、
    これまで一度も、自分を好きになったことがなかった。

    何回も生き返ったあげく、自由なのらねこになったねこ。
    自分が愛した、たった一匹のねこに愛されたねこは、
    その後もう、生き返ることはありませんでした。

    だれかを愛せるというのは幸せなことだと
    この本は教えてくれます。
    それは、夫婦でも、親子でも、同じこと。

    絵本ですが、大人向けの深いお話です。

    3歳の息子はもちろん、
    この本にそんな深い意味があるとはつゆ知らずですが、
    ただ猫が何回も生き返り、
    いろんな飼い主が現れては消えていくという
    変化を楽しめたようです。

    そして、最後にねこが大好きになった白い猫がいなくなって、
    ねこが本当に始めて悲しくなったということも、
    ちょっと分かったみたい。

    掲載日:2010/07/21

    参考になりました
    感謝
    7
  • 子供には分かりにくいかも

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    3歳5ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    猫の絵本が読みたいと言うので、読んでみましたが、息子にはまだ早かったかな。
    表紙の猫の絵も怖いと言っていたし、あまり好みではなかった様です。
    私は好きなお話なので、子供がもっと大きくなったら、また読んであげたい一冊です。

    掲載日:2016/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロングセラーの持つ力

    この絵本を大好きな人はいっぱいいますね
    私も子供ができて2冊プレゼントでいただきました
    とても感動的な素敵なお話です
    この絵本のよさを本当に分かるのはいつの日のことかな?
    と思いながら読んでいます。
    親がいろいろな気持ちをもって読んでいるだけで
    子供と素敵な時間がもてると思います。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深すぎて・・・。

    この絵本は、とってもとっても有名な絵本なのですが、
    私自身、幼い時に読んだことがありませんでした。
    先日、何かの雑誌で紹介されていたので、手に取り、
    3歳の娘に読み聞かせをしたのですが、娘にはまだ
    難しかったかもしれません。
    私自身も、この絵本の深さに圧倒されたというか、
    しみじみ考えさせられたというか・・・。
    娘に読む絵本としては、うーんと思わざるをえませんでした。
    小学生くらいにもう一度、読みこんでほしいなと思いました。

    掲載日:2014/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 命について

    • EMRHさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子3歳、男の子1歳

    100万回生きたねこ。誰よりも自分のことが大好きだった猫ですが、最後は白い猫のことを愛し、家族を愛し、もう生き返ることはなかったというお話です。どう生きていくか、命について考えさせられる絵本で、大人にもいいと思います。
    子どもも良く真剣に見ています。繰返し読んであげたい絵本の一つです。

    掲載日:2011/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人におすすめ。こどもの反応は?

    3歳の娘と一緒に読みました。
    内容を本当に理解することは、まだ難しい年齢かと思いますが、
    本人の最初の感想は、素直に『おもしろかった!』

    何回もいろんな人に飼われて、そして死んでいく変化が
    とても不思議で興味深かった様子。
    最後の最後に生き返らなかったねこにも、納得しているよう。

    もう少し大きくなったら、違う感想が出てくるかなあ。

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子育て真っ最中に・・・

    絵本が大好きな姉からの贈り物として私の子供たちの誕生日やクリスマスには数冊の絵本が我が家にやってくるようになりました。

    遊びの一環で絵本を読み、寝る前の約束で本を読み・・当たり前のように子供と私のまわりのはいつも絵本がありました。

    あるときやってきた絵本が『100万回生きた猫』でした。

    夜ねるときに子供に何気に読んでいると、なぜか涙が溢れてあふれて・・読めなくなるほど涙でいっぱいになりました。

    自身が子供もころに読んでもらった絵本や字を覚えるきっかけになった絵本や大好きな絵本はありましたが、この絵本との出会いはいままでの
    私自身の絵本の見方を変えてしまうほど大きなものでした。

    かけがえのない存在、本当に大切なもの、誰かを愛すること
    大切なものを失う喪失感・・・子育て真っ最中でへとへと、いらいらしていた私の心にふっと優しい息をふきかけてくれました。

    子供たちはまだ小さくて理解できない部分もあるかもしれません。

    子供たちも今は高校生と中学生。もう絵本を読んであげることは
    ありませんが、今もリビングの本棚に絵本たちは並んでいます。

    いつかその表紙を自分自身で開いてくれるときを待っています。
    (私が一番それを願っているのかも知れません)

    もちろん『100万回生きた猫』も。

    この本は大切な何かを問いかけてくれる本でもあるのでは
    ないでしょうか?(ある意味大人の絵本だと思っています)

    子供たち、ご主人への思いをもう一度 いいえ何度でも
    確認するために どうぞ読んでみてください。

    掲載日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も子供も

    自分が子供のときに出会った本です。
    大人になって読み返すと、また違った感情があふれてきました。

    100万回も死んで、100万回も生きたねこの話です。
    たくさんの人に飼われ、たくさんの人にかわいがられて
    死んだ猫が、次は生まれ変わって野良猫になります。

    そこでねこは本当の愛に出会う。


    子供のころはのら猫になって話しがおわる。
    ただそれだけの気持ちで読んでいました。

    大人になって読むと、とても感動する素敵な話なんだと
    思いました。
    本当の愛に出会い、本当の幸せを知ったねこ。
    今まで死んで泣かれていたねこが
    今度は自分が泣く立場になるのです。

    とても奥が深い絵本だと思います。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心から愛する事を知ったねこ

    100万回、生き返ったねこのお話。
    ある時は誰々のねこで、こういった時に死んだ。
    そんなお話が続きます。
    飼い主達は、このねこが死んだ時泣きました。
    しかし、ねこはちっとも悲しくありませんでした。
    ある時、のらねこだった時に美しい白いねこに出会います。
    そのねこと恋に落ち、家族を持って幸せに暮らしました。
    しかし、白いねこの死が訪れます。そこで、ねこははじめて泣いたのです。

    幼児には難しいお話だと思いますが、心にぐっとくる作品です。
    私も小さい頃に読んだ記憶があったのですが、その時には理解できなかったです。
    今、自分も愛する人が出来て、家族が増えてようやく解った内容です。
    愛する事は嬉しいことだけではなく、時には辛い時もあります。
    子どもにも大きくなってから、また読んで欲しい作品です。

    掲載日:2008/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難解

    あまりにも有名な絵本です。
    何回か娘に読もうとしたところ、娘は拒否。
    もうじき4才になろうかという最近、ようやく最後まで読むことができました。
    しかし、野良猫になったくだりあたりから
    「誰が死んだの?」「どうして生き返らないの?」などの質問のオンパレード。
    正直どう説明していいかわかりませんでした。
    だって私にも難解でよくわからなかったからです。
    というのも、この本は、完全に大人向けの絵本で
    読み手の心理で、行くとおりにも解釈できるという絵本だからだと思います。
    私はなんとなく「心から満足しないと本当に死ぬことはできないのかなぁ」「満足した人生を送りたいけれど、死ぬ時にならないとわからないなぁ」などという感想を持ちました。
    そして、ボケてしまい、自分自身さえもわからない、私の祖母を思い出し
    しっかりしていた時から、口を開けば不平不満ばかりだった祖母は、
    満足してないから死ねないのかなぁ、などとすごく冷静に考えました。
    人生を満足して生きることは、難しいなぁ。

    掲載日:2008/09/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「100万回生きたねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ルピナスさん / エミリー / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / パパ、お月さまとって! / ぐりとぐらのおきゃくさま / いないいないばあ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット