庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

こねずみとえんぴつ 12のたのしいおはなしとえのほん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

こねずみとえんぴつ 12のたのしいおはなしとえのほん 作・絵:ステーエフ
訳:松谷 さやか
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1982年09月30日
ISBN:9784834009064
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,661
みんなの声 総数 7
「こねずみとえんぴつ 12のたのしいおはなしとえのほん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 長く楽しめそうです

    ロシアの絵本は良質のものが多いような気がします。この本は、絵本集になっていて12の話が収められていますが、どれも身近な動物が登場し、奇抜な内容はありませんが、こころにじんわりくるような展開になっています。子供たちをあたたかく見守っているような、そんな絵本です。

    収められている話のうち、「にゃーおといったのはだれ?」と「三びきのこねこ」は、同じステーエフの絵で『ニャーンといったのはだーれ』として出版されています。また、「ひよことあひるのこ」は、同名で別の国の別の作家が出したものがあります。(ということは創作絵本ではなく、またロシアの話でもないのでしょうか。)

    12の話の長さは色々で、小さい頃から少し大きくなるまで楽しめる本だと思います。

    掲載日:2010/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こねずみとえんぴつ 12のたのしいおはなしとえのほん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット