ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

てるてるぼうず」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

てるてるぼうず 作・絵:おぐまこうじ
出版社:くもん出版
本体価格:\700+税
発行日:2005年05月
ISBN:9784774310350
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,351
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 0歳からおすすめできる絵本です。

    2歳半の娘が、図書館で「これにする〜」と持ってきました。

    可愛らしいてるてるぼうすと、いろんな空模様を描いた一冊です。

    文章は「そよ そよ」「もく もく」などとってもシンプルで、漫画のようなタッチで可愛らしく描かれたてるてるぼうずと、美しく描かれた背景が対照的な絵本だと思いました。

    最近では、簡単なストーリーのある、文章も長めの絵本を楽しめるようになっていたので、
    「少し物足りないかな?」という印象でしたが、読んでいる時に顔を見ると、空が曇っている時には不安そうな表情、最後にはにっこりととっても優しい顔をしていたので、「楽しめているんだな」と思いました。

    5歳の子はさすがに、あまり興味を示しませんでした。0歳〜2歳くらいまでのお子さんにおすすめの1冊です。
    小さい子はてるてるぼうずが好きなので、読んだあとには実際に作ってみるのも良いと思います。

    個人的には夕焼け空のページが一番好きです。

    掲載日:2012/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空の様子が忠実

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    わかりやすく単純な表紙の通り、内容もとっても単純!!
    「ぽつぽつ」「ざあーざあー」など単純な言葉だけ。
    小さい子向けの絵本のようになっていますが、天気の移り変わりの様子はバカにならないほどリアルです〜!!
    そうそう!お天気ってそんな風に変わっていくよね〜!!と思いながら読みました^^

    最初パラっとめくって音ばかりの絵本でガッカリだったのですが、空の様子を見ているうちにスッカリ引き込まれていました。
    てるてるぼうずの表情もよくって単純だけど単純じゃない絵本でした☆

    掲載日:2008/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「てるてるぼうず」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット