雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

ペネロペ かずをかぞえる」 大人が読んだ みんなの声

ペネロペ かずをかぞえる 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:ひがし かずこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年02月
ISBN:9784265071562
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,170
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほんとは、いくつあればいいの?

    数を数えられるようになったペネロペのおはなしです。
    幼稚園にもってゆくぬいぐるみ、ソックスはいくついるの?
    うっかり間違えて、お手紙より封筒のほうが多かったり、お友達のかずより、キャンディが多かったり、ええっと?と、かぞえ間違いが毎回あって、いろいろ考える材料になって面白い数のえほんです。

    掲載日:2017/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 抜群に可愛いです

    うっかり屋さんのペネロペは、数を数える時も
    ちょっとだけ間違えてしまいます。

    でも、この方が案外覚えやすいのかも・・・。
    「自分で考える力」が身に付きそうです。

    数字を覚えたお子さんに、次のステップとして
    読んであげると良いかもしれません。

    絵も色彩豊かで、抜群に可愛いです。

    掲載日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペネロペ

    ペネロペシリーズを以前にも読んだことがあり親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。一番最初にペネロペが一緒に数を数えようと誘ってくれるのが良いと思いました。ページをめくると自然に数字が覚えられるように設定されているのが気に入りました。色が綺麗で楽しい気分になれるのが良いと思いました。ますますペネロペが好きになりました。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ペネロペ かずをかぞえる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット