ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おなら犬ウォルター」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

おなら犬ウォルター 作:ウィリアム・コツウィンクル
絵:オードリー・コールマン
訳:三辺 律子
出版社:サンマーク出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784763196903
評価スコア 4.21
評価ランキング 15,630
みんなの声 総数 18
「おなら犬ウォルター」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供たち大笑い

    6歳4歳の娘たちに読みました。「おなら」という言葉だけで、もうケラケラ笑っていました。

    ウォルターがおならをする場面がたくさん出てくるのですが、そのたびに「いやー。こんな臭いのいやー」と笑っていました。でも最後に活躍したウォルターに「やるな」と感心していました。

    ただ絵がちょっとリアルというか、それで子供たちは「絵がちょっと怖い」と言っていたので、−1にしました。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おならで撃退

    見るからに、不細工な犬ウォルターと、題名にある「おなら犬」
    画風も不思議な感じで、ちょっと手にとってみました。
    どこそこかまわず、いつもおならをしているウォルター。
    子供たちは、そんなこと、気にもとめないけれど、親はどうにもなじめない。
    が、このおならが、この一家の危機を救うことに。
    最後の一発は、ほんと、絵を見てるだけでも、なんだかにおってきそうなくらい強烈な一発でした。
    おならで撃退。こういうお話が日本でもあったよなぁと思いだしました。「へっこきあねさ」がそういうお話でしたね。
    日本だけでなく、外国にも、「おなら」で活躍するお話があったんですね。ということは、子供たちが、やたら「おなら」にウケるのも、万国共通なのでしょうか?

    掲載日:2008/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく読みました

    本を開いて、斬新な絵にビックリしてしまいました。
    妙に、リアルな顔なのですが、こんなのもアリかな・・

    うちの子は、男の子なので、とっても面白かったようです。
    まだまだ、こういうキーワードが大好きなようです。

    こうなるんだろうな・・・と、途中から、結末は想像できるのですが、
    想像以上に、派手におならをしてくれて、とっても楽しく読みました

    掲載日:2008/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おなら犬ウォルター」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.21)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット