ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

吾輩は猫である」 大人が読んだ みんなの声

吾輩は猫である 文:夏目 漱石
編:齋藤 孝
絵:武田 美穂
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784593560516
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,546
みんなの声 総数 45
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 声に出すことで…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    遠い昔に読んだ日本文学の代表作品。
    改めて声に出すと、当時、とっても難しい言葉遣いだと抵抗を感じていたのが、すんなりと入ってきました。
    話の内容は、人間の世界を、猫の視点から見るかたちで、面白おかしく批判しています。
    難しい言葉もたくさんでてきますが、読み仮名がふってあるので、子どもたちと一緒に読むことができます。
    声に出して、日本語のお手本に触れてみるいい機会ではないでしょうか。

    掲載日:2008/11/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • これは、画期的

    まさか、絵本になっているとは、びっくりしました。
    そして、読んで、また、びっくり! これは、画期的です。
    子どものころに、名作だからと読んだのですが、子どもには、むずかしすぎるところもあり、内容があまりはいってきませんでした。
    このような絵本だと、難しくてわかりにくい言葉があっても、絵のおかげで楽しみながら読めますし、みじかい量なので、子どもも音読でき、日本語の音の美しさにもふれられます。
    ひさびさに、小説を、よみなおしてみたいと思います。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親しみやすい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    夏目漱石の「吾輩は猫である」が絵本に!
    絵本ですと敷居がそんなに高くないかな?と手に取る人が多い気がします。絵本から興味を持ってゆくゆくは「吾輩は猫である」を読んでみるのもいいですね。
    親しみやすく読みやすくうまく絵本化してあるなーと思いました。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぐんぐん読むことが出来ました!

    「吾輩は猫である。」

    誰もが知っているフレーズですが、実は初めて読みました。

    一度は読まなくては、と思いつつも すっかり大人になってしまいました。

    “読みたい”ではなく“読まなくては”という謎の使命感。
    読めばきっと面白いのだろうし、
    もしかしたら何かが変わるのかも・・・

    そう思いながらも、
    いつでも読めるからこそ、放置してしまいました。

    しかしこの絵本は1ページ目から興味をそそられ、
    本文とユーモラスなイラストがマッチしているためか
    ぐんぐん読むことが出来ました。

    そして読み終えた後には、やはり
    「小説が読みたい!」という気持ちになりました。

    おそらく子どもでも読みやすいのではないでしょうか。
    純文学に興味をもつための一歩として、そばに置いておきたい絵本です。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこがおちゃめ

    昔読んだことがあったのでまた読みたくなりました。ちょっとニュアンスは違うような感じですが、絵本なりに要点は伝わって(?)くるし、なによりねこがとてもおちゃめで可愛かったです。武田美穂さんの絵が楽しいしキュートな可愛いねこに仕上がっていて新鮮に感じました。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこが 可愛い 文学作品

    夏目漱石の吾輩は猫であるが絵本になるとは、武田美穂さんの絵がかわいいから読みやすくなっているのですが・・・

    イメージが違う感じがして  でも ねこに視点で物を見るという吾輩は猫であるが読みやすくなっています

    子どもの布団の中に入っているのが気持ちよさそうです

    漱石は こんなイメージでこの作品を書いたのかちょっと違うような気もしますが・・・

    絵本や漫画になると確かに 文学も読みやすいですが やはり 原文で読み方が良いようにも思えます

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり面白いなぁ

    「吾輩は猫である名前はまだない」
    と答えている状況がとても面白くて可愛い。
    黒猫が笑うのも無理はない。
    三毛子の美貌を絶賛する表現も面白いし笑ってしまう。
    猫じゃなくても、子供と一緒に寝るのは心持がよいなぁと思う。

    挫折したままのこの本を読んでみよう。
    こういうきっかけになるところが絵本の良いところだと思う。

    掲載日:2009/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 映画みたいな…

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    読み聞かせ本の参考に借りてみました。
    まだ、小学生では、読むには早いかな?と思ったけど、
    この本は導入として、とても良いと思いました。

    独特の絵に引き込まれます。
    無名の飼い猫からみた日常生活が、なんとも面白い。

    久しぶりに原作が読み返したくなりました。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「吾輩は猫である」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おおきなかぶ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / どうぞのいす / キャベツくん / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット