だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

いいこってどんなこ?」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

いいこってどんなこ? 作:ジーン・モデシット
絵:ロビン・スポワート
訳:もきかずこ
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1994年
ISBN:9784572003393
評価スコア 4.49
評価ランキング 6,968
みんなの声 総数 178
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ママの心が軽くなる本

    題名を見て、気になって手にとりました。ついつい毎日に追われ、娘を叱ってばかりの毎日。娘のためなのか、自分の自己中心的な怒りなのか区別がつかなくなっていた時、この本に出会いました。

    いいこってどんなこ?とうさぎのぼうやがお母さんにたずねます。
    うさぎのお母さんは大きな愛情で「あなたらしくがいちばんよ」と答えたとき、私の置き忘れていた娘への愛情が、ギュッと締め付けられる思いがし、涙が止まりませんでした。

    娘のためと・・・ついつい厳しくなるばかりで、本当に娘のことを考えてあげれたのだろうか?と。娘のために大事なこと、注意することでもしつけることでもない、ただうさぎのあ母さんのように、ありのままの娘を認めて愛してあげる事なんだと。そう思うと急に心が軽くなり、娘との時間が尊く感じられるようになりました。
    まじめすぎて、疲れてしまったお母さんに読んでもらいたい一冊です。

    掲載日:2009/12/18

    参考になりました
    感謝
    9
  • ちょっと子どもにはむかないかも

    3歳0ヶ月の息子に読んでやりました。遅れた魔の二歳がやってきたように、目に見えてわんぱくぶりに泣かされているこのごろですが、この本を息子に読んでやっても、残念ながら???が飛び交っていました。きっと、この本は子どもに読み聞かせるのではなく、ほとほとに疲れ果てている親に読んでもらうものかもしれません。

    子どもウサギはわざと親に気に入ってもらおうと色々な行動にでていますが、それをなだめる親ウサギ。そのままが一番いいんだよ、というメッセージ。ちょっと疲れていた私の気持ちが和んだ気がします。一生懸命息子に読んでやりましたが、やはり理解できないばかりか、いくら説明しても興味を示さないのは、まだこういうことを理解するには早すぎるのかも。

    子どもというよりは、疲れた親が読むといい本かもしれません。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもにずっと読み聞かせた絵本

    • ぴこ姫さん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳

    とっても泣き虫でいろいろなことにうまくいかないで、
    幼稚園でも、仲間作りが下手な子だったので、
    いっぱいいっぱいどんなあなたでも大丈夫だよ、
    というこの絵本は小さい頃から小学生くらいまで、
    眠れない夜などには何度も読み聞かせしたものです。

    読んでいると気持ちも落ち着くみたいで、
    親子のつながりにも大事な一冊になると思います。

    とってもおすすめの絵本です。

    掲載日:2016/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぐっときました!!

    いいこってどんなだろう・・・。
    読み終わった時に、ぐっときてしまった絵本です。
    娘に、呪文のように、「いいこだねー♪」と言ってきた私ですが、
    いいこって、どんなこなんだろう?って、この絵本を読んで、
    深く考えました。
    なんだか泣きたくなってしまうくらい・・・。
    娘がいてくれるだけで、それだけでいいんだということに、改めて
    気づかされました。
    読み終わったあとに、娘を抱きしめた絵本です!!

    掲載日:2014/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が暗い・・・

    3歳の子どもに読みました。
    絵がちょっと暗い印象で、子どもはあまり好きにはならなかったようです。
    文章ではとてもよいことを言っているので、それだけに絵の暗さが残念です。
    もう少し明るい色を使って、あたたかい感じに描かれていたら、とてもよい絵本だったのになぁ・・・。
    「いいこ」という概念もまだよくわかっていないので、その点でもピンとこなかったのかもしれません。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が子を抱いて読みたい絵本

    レビューを拝見し、ぜひ読んでみたいと思い手にとった一冊です。

    息子が幼稚園に入園して1ヶ月。

    このところ毎朝「はやく!はやく!」を口にしてばかりだった自分。
    そして子どもを送り出して深く反省・・・。
    そんな日々が続いていました。

    早速帰ってきた息子を膝に抱いて読み聞かせ。

    1度目は普通に読んであげて、
    「もういっかい!」とせがまれたので、
    「バニー」のところを息子の名前に置き換えて読んであげました。

    絵本の中に自分の名前が出てきた息子はニヤニヤ。

    「みっくんじゃないでしょ?バニーでしょ?」と言いつつ、
    それでも満足そう。

    読み終わった後、息子をギュッと抱きしめると、
    自分の心もほんわかしているから不思議です。

    今日は怒りすぎちゃったな、と思う時は、
    ぜひ子どもの名前を入れて、読んであげて欲しいなと思います。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な雰囲気がある絵本

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    どこなくうすぼんやりとした色調で静寂なムード漂うこの絵本。
    はっきりとした物語ではなく、読みながら子どもに気づかせる、示唆する、そんな絵本です。
    膝の上で静かに読んであげると、分かっているのかいないのか、真面目な表情で聞いております。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • グッときました

    反抗期の子どもはついついたくさん叱ってしまいます。

    その一つ一つの叱ったことが、子どもの中で大きく不安要素として残っているんだなと感じました。
    「泣かないの!」「強い子になりなさい!」
    愛情をこめて叱っているつもりでも、子どもにとっては
    「私はだめなコなんだ…」
    と思うきっかけになっているかもしれません。
    かと言って、悪いことをしても叱らないでいいというわけではありませんが…

    叱った後には、しっかりと抱きしめながら「大好きだよ」「あなたがあなたらしくしていてくれるのが一番なんだよ」と伝え、きちんと子どもの心のフォローをしていかないといけないな、と感じました。

    掲載日:2013/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親のための本

    幼稚園でウサギが飼われていることもあり、ウサギの本を書店で探したところ勧められたのがこちらでした。

    娘は「ふーん」程度の反応でしたが、親として何度も一緒に読みたい一冊です。泣かない子、強い子、怒らない子、かわいい子がいいのではなくて、ありのままの子が一番だよ、と。

    絵もとても丁寧で、優しくて、大事な一冊です。

    掲載日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストのセリフを子どもの名前に替えて

    自分の子どもにはついつい厳しくなってしまう私。もちろん、みんないい子でみんな大好きなのですが、いつも怒ってばかりいるので、もしかしたら子どもに好きという気持ちが伝わってないかもなぁと不安に思うことがあります。
    そんな時は、この絵本が大活躍。ラストのお母さんのセリフ、「バニーはバニーらしくしていてくれるのがいちばんよ だっておかあさんは・・・」のバニーのところを、子どもの名前に変えて読みます。小学生の娘でさえ、「うそだぁ。ほんとうぉ?」とかいいながらも嬉しそうにします。
    「言わなくても分かるでしょ」じゃなくて、きちんと言葉で好きと伝えた方がいいといいますが、照れくさいときは絵本の力を借りるとすんなり言えちゃいます。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いいこってどんなこ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぼくのかえりみち / てぶくろ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


お気に入りのくだものはどれ?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット