モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

おさじさん」 0歳のお子さんに読んだ みんなの声

おさじさん 文:松谷 みよ子
絵:東光寺 啓
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1969年08月
ISBN:9784494001057
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,077
みんなの声 総数 123
  • この絵本のレビューを書く

0歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 可愛い♪

    うさぎの子の食事をおさじさんがお手伝いするお話。絵が可愛いです。「スプーン」ではなく、「おさじさん」というのが、どこか温かみがあっていいですね。おくちがおいしいほっぺがおいしいとういう言葉や、おさじさんが汽車になって食事を運ぶ表現は松谷さん独特ですよね。かわいくて素敵です。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な表現!

    短いストーリーになって、スプーンの使い方がうまく表現されているなぁと思います。
    絵はそんなに派手ではないのに、起承転結がしっかりしているからか、言葉のリズムが良いのか、6か月の娘は最後まで本を見入っています。
    とっても読みやすく、さすががロングセラー!と思わせてくれる良質の絵本です。買って良かったと思う絵本の1つです。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 離乳食につまずいた時に。

    • みつおさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子0歳

    愛らしい絵本。嫌いなものを食べた拍子にスプーンを受けつけなくなった息子に読んでみた。絵本のおさじさんと毎日振り回しているスプーンが同じと解ったのかどうか、定かではないけれど、絵が気に入ったのかニコニコと手を伸ばし、足をバタバタさせて喜んでくれた。因みにその後、数日でちゃんと食べれくれるようになりました。この本の効果!と言うつもりはないけども、離乳食につまずいた時、食べる喜び、食べさせる楽しみがにじみ出るこの絵本、母親も癒してくれますよ。

    掲載日:2015/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • スプーンさんに置換えて読みました

    離乳食をはじめた頃から読み始めました。今まではぼーっと聞いたり見たりしていただけでしたが、物の名前とか興味を持ち始めスプーンと理解始めるとおさじさんはピンとこないようです。
    なのでわが家ではスプーンさんに置換えて読んでいました。
    赤ちゃん(離乳食始まったあたりでも)にしてはボリュームが大きいので2歳〜のがいいのかもしれないですね。

    かなりちゃんとした長いストーリー(赤ちゃんの本にしては)なので途中で飽きてしまいます。赤い目をしたウサギさんも愛くるしいし、お口に運ぶ汽車ぽっぽという言い回しもいいけど。このストーリーが理解できる頃はお粥食べないし。単純なきゅっきゅっきゅは大のお気に入りなのですが。

    掲載日:2013/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさじさんとお友だちになれるかも

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    乳児親子向けおはなし会用にセレクト。
    「紙芝居 おさじさん」の原典にあたります。
    文章はどちらも松谷みよ子さんですが、絵が違うので、
    やや印象が違いますね。
    初版が昭和44年です。
    それだけに、おさじさんの造形も古風です。
    だからこそ、あえて、おさじさんです。
    おさじとは、スプーンのこと。
    もしかしたら、若い世代の母親も知らないかもしれませんね。
    うさぎのぼうやがおかゆを食べていて、それをおさじさんがサポートする訳です。
    うさぎのぼうやがぬいぐるみみたいでかわいいです。
    それだけに、おさじさんがりりしく映えます。
    おさじさんの、ドヤ顔も印象的です。
    おさじさんとお友だちになれるかもしれませんね。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分も小さいい頃に読んで好きな絵本だったので、まだ妊娠中から用意して読むのを楽しみにしていた絵本です。
    離乳食前から読んでいましたが、ふうふうふうのところで一緒に絵本に向かってふうふうしていたりと、離乳食が始まってからのほうが反応が良かったように思います。
    また、「スプーンさん」じゃなくて「おさじさん」なところが、この絵本のやさしい雰囲気にとても合っていると思います。

    掲載日:2012/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食事を楽しもう

    離乳食をこれからはじめようとしていたわが子にぴったりの絵本でした。「おさじさん」がうさぎさんの食事を助けて、うさぎさんが美味しく食事ができました、というストーリーです。「さじ」を身近に感じさせ、食事に興味をもたせるのにとてもよかったです。

    掲載日:2012/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかく、かわいい!

    イラストと表現が可愛いです。

    ちょうど離乳食が始まったころに買った絵本です。

    偶然、おさじさんのイラストに似たスプーンを使っていたので親近感がわきました。離乳食の前に、この絵本を読んであげたりしています。

    食べ物をさますために『ふうふうふう』と、絵本と同じように食事中にもすることがあるのですが、時々わが子も遊んでいる時に「ふーふーふー」とマネをするので驚いています。

    もう少し大きくなって一人で食べる頃にも、この本はとっても役に立つと思います。

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 離乳食開始直前にぜひ

    絵本の読み聞かせは生後1ヶ月からスタートしました。
    松谷みよ子さんの「のせてのせて」が大好きなので、
    おなじ方が絵を描いているこちらを購入しました。
    「のせてのせて」次ぐ、お気に入り絵本になりました。

    私が食事しているとき、「おさじさん」に出てくるフレーズを話ながら食べると、
    うれしそうにしたり、スプーンに興味津々です。
    最近、スプーンになれさせるため、母乳をすくって与えてみましたが、
    おさじさんだよ〜というと身を乗り出して「ぱくっ!」
    現在4ヶ月ですが、離乳食を開始する準備にちょうどよい絵本になったかな?と思っています。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい絵本です

    • ももぐわさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子0歳、女の子0歳

    ごはんの時間が楽しくなるような、とてもかわいい絵本です。読んでいる私のほうが癒されてしまいました。離乳食の時間には、「おくちがおいしい」「ほっぺがおいしい」と言い聞かせながら食べさせています。双子の娘たちも、喜んで口をあけてくれるようになりました。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おさじさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(123人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット