大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

マウルスと三びきのヤギ 」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

マウルスと三びきのヤギ 作・絵:アロイス・カリジェ
訳:大塚 勇三
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,300+税
発行日:1969年
ISBN:9784001105568
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,179
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「ペーターが“ここに”います!」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    この絵本は少し前に読んだ作者の『ウルスリのすず』という作品とパッと見、似ていたので、同じシリーズなのかと思いましたが違いました。

    タイトルにあるようにメインのヤギが3匹登場します。
    主人公の少年、マウルスはヤギ飼いです。
    厳密には違いますが、この物語には《ペーターがいます》
    表紙絵を見たときから「(顔は違うけど)マウルスはペーターに似てるな」と、思っていました。
    子どものころにテレビアニメで見たあの、『アルプスの少女ハイジ』に登場する、ヤギ飼いの少年ペーターに、マウルスの立場がよく似ていているんです。
    (舞台が同じアルプスですから、似ていてもおかしくないんですけどね)
    大自然の中でならではのハプニングが起きてしまって、マウルスはとても大変な目にあいますが、そのマウルスの姿を追って、(作品に描かれている)山の森の中を一緒に覗けたのは、とても楽しかったです。

    物語の中で行方不明になってマウルスを困らせた3匹のヤギたち、
    シロ・アカ・チビはそれぞれ個性豊かな見た目と性格で可愛かったです。
    特に、チビの岩塩をなめているシーンはとってもキュートに見えました。

    最後にマウルスの部屋が描かれていますが、うちの下のて子はこのシーンを見た時、目を輝かせて
    「なんて、素敵な部屋なの〜っ!?」と叫んでいました。
    すごく降る作品で、今書店で買うのは難しいかと思いますが、図書館などで検索してもらえれば、手に入ると思います。
    とても素敵なシリーズです。たくさんの人たちに読んでもらいたい1冊です。
    興味のある人はぜひ読んでください。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「マウルスと三びきのヤギ 」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / わたしのワンピース / しろいうさぎとくろいうさぎ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット