だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

あくまのおよめさん」 大人が読んだ みんなの声

あくまのおよめさん 絵:シュワリ・カルマチャリャ
再話:稲村 哲也 結城 史隆
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1997年
ISBN:9784834014495
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,143
みんなの声 総数 13
「あくまのおよめさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 身近にいる悪魔

    教訓めいたお話でした。
    描かれた悪魔が、身近にいる悪いおっさんのようなので、不思議な気がしましたが、逆に現実感があって良いのかも知れません。
    ラージャンは親の助言には従わず、猿を手にいれましたが、大切に育てたお陰で、とても裕福になりました。
    「子どものやりたいことを大切にしなさい」という親への教えも読み取りました。
    個性的な絵も印象的でした。

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木彫りの人形

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    ネパールの民話。
    ラージャン少年は両親と暮らしていたのですが、
    ある年、日照りのため、食べ物の出来が悪く、困っていたのです。
    すると、ラージャンは偶然銀貨を拾います。
    その銀貨で、ラージャンは、「国中でたった一つしか無い物」を得ようと探し、
    サルを手に入れるのです。
    両親はあきれますが、そのサルが後半、大活躍をするのですね。
    というのも、ラージャンの村でのもう一つの困りごと、
    悪い悪魔の存在があったのです。
    サルの知恵で、悪魔が改心する様子は、なかなか面白い展開です。
    木彫りの人形で作ったおよめさん、なかなかの発想です。
    ネパールの画家による絵なので、宗教画のような雰囲気すら漂います。
    悪魔の造形も人間っぽく、もしかしたら、人間の悪い部分を具現化したものなのかも、
    と感じました。
    悪魔も根はいいところがあるのかもしれませんね。

    掲載日:2015/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネパールの民話、面白い!

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    おかしくて腹を抱えながら読みました。猿がずる賢いと言うのはこの辺りから来ているのかも知れませんね。でもまあ村も平和になったし、ラージャンの家もお金持ちになったし、結果オーライと言う事で。お嫁さんの名前を呼ぶ事なくお別れしてしまった悪魔が少し気の毒ですね。

    掲載日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネパールの身近な動物はサル?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    画は、いかにもあちらの国っぽいもので、実を言うとあまり好みではありません。
    ただ、これはあくまでも個人的な好みなので、
    この国に興味のある人が見たら、木の葉や家の作り、服装なども見ていて楽しいだろうし、勉強になるかな?と思います。

    悪魔が宝ものを欲しがるところも、お嫁さんを欲しがるところも、日本人からしたら「変なの」という感じでしたが、
    「悪魔」という概念がこちらとは少し違うのかもしれません。

    ともかく昔話ですので、話の筋は面白いです。
    韓国や中国ではトラが、日本ではオオカミが、よく昔ばなしに登場しますが、ネパールでは身近な動物として、サルが登場することが多いのでしょうか?

    掲載日:2010/02/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あくまのおよめさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット