庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

6つの色」 大人が読んだ みんなの声

6つの色 作・絵:とだ こうしろう
出版社:戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1985年
ISBN:9784924710214
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,649
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シンプルなイラストに色が映える!

    とだこうしろうさんの「22の色」がとてもよかったので,こちらの「6つの色」も読んでみました。
    シンプルなイラストがとても色を映えさせてよかったです!
    何色と何色で何色になる。。というのがあって深い色絵本でした。
    さすがデザイン研究所からの色絵本だけありますね。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 六色の虹

    赤、青、黄、緑、紫、橙の六色の虹(?)の登場がとても綺麗でした。パラパラ降る橙色と黄色の雨は、レモンとオレンジを実らせたのもファンタジックで夢もあって素敵でした。赤、青、黄の三色から、混ぜ合わせることで六色になるのも色を学べました。

    掲載日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥が深い色

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    デザイン研究所を主宰する作者だけに、奥が深い色彩学習絵本となっています。
    青、赤、黄色が登場、そこへへびがやってきて、二色ずつ食べていって、
    緑、紫、橙が出てくる、という趣向。
    色彩的にはかなり本格的な発色のようですね。
    中盤で黒を食べて具合が悪くなったへび。
    6つの色が悲しみの雨を降らすのですね。
    その造形がなんとも鮮やかです。
    なるほど、雨の後は虹ですね。
    でも、虹なのに6色?と疑問に感じ、いろいろ調べてしまいました。
    実は7色と確定ではないようですね。
    奥深い色の世界、小さい子からでも楽しめそうですね。

    掲載日:2013/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色が混ざる面白さ。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    へびが色の玉を飲んじゃうところなんかを見ると、岸田衿子さんの「なにをたべてきたの?」と、似ている発想だなと思いました。

    すごく単純なお話ですが、“色と色が混ざる”とこうなるんだ。というのはよくわかりました。
    口から色の玉を飲み込んで、おなかで混ざっていき、尻尾の先から混ざった色玉が出てくるところがよく考えてるな〜と思いました。

    はっきりした太い線の絵で、遠目もききやすいので、幼稚園や学校の読み聞かせや、低年齢のお子さんのお話会などでも使えそうです。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個人的には残念。。。

    黒を悪者にしないで虹にたどりつく方法はなかったものかと
    思いました。
    前半を子供が楽しんで読んでいただけに残念です。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「6つの色」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット