モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

わにがわになる」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

わにがわになる 作:多田 ヒロシ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,050+税
発行日:1977年2月10日
ISBN:9784772100496
評価スコア 4.02
評価ランキング 18,160
みんなの声 総数 54
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • だじゃれマイブームのお子さんに!

    男の子は特にかな。
    だじゃれにはまる時期があるようで・・・。

    そんなときにこの本はぴったり!!
    優しくてわかりやすいだじゃれ満載!
    絵もやわらかくて、どこかなつかしい感じ。

    息子は大喜びで、だじゃれを紙に写していました。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • だじゃれ初級編!

    最近は、言葉遊び系の絵本もたくさん出ていて、読みながら自分もくすっと笑ったり、そんな絵本がたくさんありますが、
    「いまいち意味がわから〜ん。」
    というものもあり、息子にはこのダジャレはちょっと高度すぎたか、と思うこともしばしば。
    これは、わかりやくていいです。
    「ねこがねころんだ」「ばったがばったりあった」「しかがしかられる」
    など題材も身近にいるものだし、想像もしやすい。絵もわかりやすい。
    ダジャレ初級編といった感じで、楽しいです。

    掲載日:2010/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • だじゃれって子供は大好き

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    だじゃれって大人が見ると、
    「おやじギャグとどう違うの?オヤジが寒いダジャレを言うとおやじギャグなの?」
    という程度しか感じるものがないのですが、子供は大好きです。
    何度読んでも喜ぶし、自分でもすすんで読みます。
    読む手としても、笑ってくれるのでうれしいし、読むのは簡単なのでいいです。
    ただ、お金を出して絵本を買う時にこの手の本を買うかと聞かれたら微妙なんですけど、この本は多田ヒロシさん作で何やらたくさん賞を受賞しているらしいので箔がついている感じはします。

    タイトルにもなっている「わにがわになる」が絵も含めて親子で一番好きです。

    掲載日:2008/08/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わにがわになる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット