ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

おかし・な・ごはん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

おかし・な・ごはん 作・絵:山岡 ひかる
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年4月
ISBN:9784034360507
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,360
みんなの声 総数 35
「おかし・な・ごはん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一度はみんな願うこと

    子供なら一度は願う夢がふんだんに描かれた絵本。
    一日三食のご飯が全部おやつになってしまいます。
    全部おいしそうな絵で、本当にこうだったらいいのになぁって一緒に思っちゃう。
    でもでも、それがあまりにも続きすぎると‥。

    オチもちゃんと素敵です。
    ご飯を食べる大切さ、お母さんがご飯を作ってくれるありがたさもちゃんと最後に教えてくれます。

    読み聞かせでもこういう絵本は万人に受けて、心をつかめるのではないかと思うので、個人的には機会があれば読み聞かせで使いたい一冊です。

    掲載日:2012/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • いーなー

    毎日の食事が「お菓子」なんて、憧れ?
    この本を読み終わったとき「毎日、ご飯がお菓子だったらどう?」と、きいてみました。
    すると、「お菓子がいいー」との声で、がっくり・・・
    お話の意図が伝わっていなーい。
    お菓子の魅力には、やっぱりかなわないのかな?

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり・・・!

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    おかし・な・ごはん。
    タイトルからもしや・・・・とは思っていましたが、そのもしやでした!!
    子供って本当お菓子が大好きで、子供の頃にはお菓子ばっかり食べていられたらなぁ〜なんて思うことがあったと思います。
    うちの子も、私もそうです(笑)
    それが現実になったら!!!

    この絵本では、お菓子の立場とご飯の立場が大逆転しちゃいます。
    ご飯の時間では、お菓子ばっかりのメニュー。
    おやつの時間では、ちょこっと盛られたご飯メニュー。
    そうなんですよね・・・

    最初はよかったけど!!!!

    なんですよね。

    このお話を読んでいると、ご飯の時間にはしっかりご飯を。おやつの時間にはおやつを。と心から思うようになります。
    お菓子大好きなうちの子も、「やっぱりご飯の時間にはご飯が食べたい!」という感想を漏らしていました。
    それでも、一日くらいはこんな日があってもいいかな(笑)と心の底で思っていたり^^;
    甘い物は大好きだけれど・・・朝からケーキは流石に無理です。

    この絵本では漢字がたくさん使われていて、一年生の息子には漢字と触れ合ういい機会になりました。
    ちょうど漢字に興味を持ち始めていたところだったので苦がなく楽しめたようです。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとにおいしそう〜

    絵がとにかくきれいです。
    絵というか、貼り紙というのかな。
    ご飯がおやつになり、おやつがご飯にはやがわり。
    そのおやつのおいしそうなこと。
    3度のご飯がみんなおやつ。一度くらいは、そんな好きなものだけ食べていればいいっていう1日があってもいいかなぁ。
    ページをめくっては、
    「これも、これも、これも、これも、みんな好き。これも好き。」
    と目を輝かせて、おやつを見る子供たち。
    最後の最後には、普通の食生活に戻るんだけど、その最後のウィンナーも実においしそう。
    おいしいものって、見ても、食べても、なんだか幸せな気分になれますね。

    掲載日:2008/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢実現!

    • ねがいぼしさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子6歳、女の子6歳

    インパクトのある表紙にまず我が家のふたごは釘付け!
    そして、毎日のごはんがお菓子という展開に興奮!
    けれどもそこには、おやつの食べすぎでお母さんの手作りのカレーライスを残してしまったというエピソードが…

    我が子から
    「ごはんをいただくってことは、作ってくれたおかあさんの気持ちも一緒にいただくってことなんだよね?」
    と、驚きの発言が飛び出しました。

    本当はお米や野菜を作ってくれたおじさんや、それを仕入れてきてくれたおじさんや…と、もっと伝えたいことはあったのですが、今回はこのうれしい発言を大切に頂いておくことにしました。

    山ほどお菓子を食べるって、小さい頃は誰もが憧れますよね〜。

    掲載日:2008/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おかし・な・ごはん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / こんとあき / わたしのワンピース

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット