モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

おかし・な・ごはん」 大人が読んだ みんなの声

おかし・な・ごはん 作・絵:山岡 ひかる
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年4月
ISBN:9784034360507
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,360
みんなの声 総数 35
「おかし・な・ごはん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろーい!

    おやつとごはんが逆になっちゃうっていう設定が面白いです!
    主人公の僕の気持ちがとてもよくわかります。でも、お菓子も好きだけど、やっぱりお母さんの作るごはんの大切さ、美味しさが実感できるようになって良かったなぁと思いました。
    とっても楽しく、美味しそうなものもたくさん出てきて見ごたえのある絵本です。

    掲載日:2016/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図書館に行ったときに
    ちょうど おはなし会があって、
    大人の方もどうぞ。。と言ってくださって
    読んでくださるのを聴かせていただきました。
    とてもよかったです。

    後日 借りてきて
    もう1度 じっくり読んでいます。

    「お菓子」は、子供じゃなくても
    ワクワクします。
    もらったら嬉しかったり、
    買ったら嬉しかったり。
    ごはんなら好き嫌いがあるけど
    お菓子ならいっぱい食べたい、もっと欲しいって
    思ったことがある人はいっぱいいるんじゃないかな。。

    私も子供のころはそんなところがありました。
    さすがに母親になってからは
    食事をきちんと食べてから!ですけど(笑)

    もし3度の食事や給食が
    お菓子がいっぱいで、
    ごはんはちょっとしかもらえないという
    逆になったら。。
    本当に嬉しいと思えるのか
    それをわかりやすく
    表現されていると思います。

    やっぱり 3度の食事を大切にして、
    お菓子はお楽しみにちょっと食べるのがいいねって
    納得できる絵本でした。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかしは、おやつ

     ごはんが、みんなお菓子だったら、、、。
     だれでも一度はおもったことがありそうです。そんな夢のようなお話でしたが、、、。でも、あまりにお菓子が出てきて、見ているだけでおなかいっぱいになってきました。ビックパフェも、すごいボリュームですね。

     男の子の「お菓子は、おやつ」という言葉が、よかったです。
     ごはんは、ごはん。お菓子は、おやつで食べるからおいしくて楽しいんですよね。

     明るくほのぼのしたお話と絵が、よかったです

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジャンボパフェ!

    お菓子は、やっぱりおやつの時間に楽しみに食べるのがいいのだと思った絵本でした。孫は、どちらかというとお菓子は甘いのよりか、甘くない方が好きだし、ご飯が大好きだからお菓子を食べ過ぎることはないのですが、とても面白い絵本でした。お菓子は、やっぱりおやつとして食べた方がいいと誰にでも気づくことができて為になったと思いました。一週間もお菓子が朝、昼、晩と続いたらと思うとぞっとしますが、ジャンボパフェは食べたいなあって思った私でした。美味しそうなので羨ましくなりました!

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見た目はきれいだけど、甘いご飯は嫌。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    子どもたちに喜ばれそうな「お菓子の給食」だったり、「お菓子の夕飯」になってしまう不思議で、びっくりな話でした。
    もうひとつ評価が低くなってしまったのは、私自身がご飯のときに「甘いもの」を食べたくないタイプだからです。

    子どもたちはいいかもしれないけど、こんなご飯私は絶対嫌!なので、実は読んでいて少し気持ち湧くルなってしまいました。

    もちろん。山岡さんの絵は可愛く、お菓子やフルーツも色鮮やかでとても美味しそうでした。(見てるだけなら、全然OKです)
    それにしても、主人公のぼくのうちの最後に出される朝食は豪華ですね〜。
    私は朝からこんなにおかずを作ったことはありません…(^^;)

    掲載日:2011/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • お菓子三昧

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    食育にもお薦めです。
    ある朝、食卓を見て「ぼく」はびっくり。
    朝食がお菓子尽くし!!!
    変だなあ、とおもいつつ、学校に行くと給食までもお菓子!
    で、おやつがおにぎり!?
    「ぼく」と一緒に、嬉しいけど何だか・・・を体感してほしいですね。
    ラストへの展開はお見事です。
    最近粗食の素晴らしさを実感しているだけに、
    嬉しかったです。
    その、次々と繰り出されるお菓子やおやつ(本当は食事メニュー)が、
    何ともおいしそうなんです。
    実は、貼り絵技法を駆使した作品。
    独特のリアリティーがたまらないですね。
    給食なんかが出てくるので、対象は小学校以上かな。
    子ども達に受ける予感がします。
    題名のネーミングも絶妙です。

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おかし・な・ごはん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / こんとあき / わたしのワンピース

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット