おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

さかさのこもりくん」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

さかさのこもりくん 作・絵:あきやま ただし
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784774607016
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,017
みんなの声 総数 68
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんともいえず・・・

    とにかく可愛いお話です。
    主人公のこうもりの子供「こもりくん」はいつもさかさまでぶら下がっているので話す言葉も意味が逆のことを言ってしまいます。
    でも、くまくんだけがわかってくれて一緒に遊びます。別れるときに
    お礼とまた遊ぼうねの気持ちを言いたくなって、くまくんの手の上に降りてきて、やっと思った通りに気持ちを伝えるところがちょっと感動です。「ありがとう」はいい言葉だなと改めて思いました。
    全体的に、子供はただ笑って楽しく聴いているという感じですが、最後にお礼をいうシーンはみんな「良かった!!」と思うようで、感動を共有したなという印象で終わりました。
    心に染みたようです。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 言葉が反対でも少し考えれば遊べるよ

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪9歳

    こもりくんはこうもりのこです。いつもさかさになっているものだから、はなす言葉はさかさま、「ぼくとあそばないで!!!」→「いっしょにあそぼう!!!」と理解するのも大変なのです。そんなこもりくんがともだちをつくろうとすると・・・という絵本なのです。
    こもりくんは外国人の比喩なのかな? 最初ねずみくんと遊ぼうとするけど、反対言葉で遊んでもらえません。言葉が違うだけで遊んでもらえなかったのじゃないかな。でもくまくんのように最初反対言葉でも心と心が通いあえば一緒にいろんな遊びで遊べる話ですね。
    最後の言葉が本当にいいです。

    掲載日:2009/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さかさのこもりくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / だるまさんが / よるくま / チリとチリリ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット