十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

うたえブルートレイン」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

うたえブルートレイン 作:柴田 晋吾
絵:野坂勇作
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年
ISBN:9784323013619
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,681
みんなの声 総数 7
「うたえブルートレイン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 高くて怖い?

    電車が高い鉄橋を怖がっているなんて・・・。
    想像したこともありませんでした。

    ぽんちゃんは新入り(?)の車両。
    スピードを出しすぎたり、失敗ばかりしていますが、車掌のもりもとさんにはげまされ、秘密のたけぶえに助けられて成長していきます。

    今度電車にのったら、この車両たちも頑張って走っているのだなぁとしみじみ思うに違いありません。

    掲載日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いがけずほのぼのストーリー

    2歳9か月の息子が図書館で選んだ本。

    しらかば号の新米3号車ポンちゃんが、
    みんなに合わせてうまく走れるようになるまでのストーリー。
    早過ぎて前の号車にぶつかってしまったり、
    高いところを走るのが怖かったりするのを、どう克服するか。

    表紙の電車の絵からは想像できませんでしたが、
    ほのぼのストーリーでした。
    車掌さんのあたたかい声かけやふえの音、
    みんなが応援してくれるところがよかったです。

    「カッタン コットン カタコットン」、
    「ピッボコ プッポコ ピップコピー」というリズムが気持ちいいです。

    息子もそれなりに気に入ったようです。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車はうたっているんです

    2歳7ヶ月の息子に読んでやりました。電車が大好きな息子に読んでやりました。ブルートレイン自身はよく分かっていないようですが、弱虫の新しい客車が一人前になるまでの成長の様子が絵本になっています。

    客車もデビューすると一人前になるまで大変なのかもナーとおもっちゃいました。どんなときも、恐がらずにみんなとあわせて歌をうたうように走ることが大事なんです。それをみんながいろいろな形で支援して、強くなっていくのが、ちょっとうるうる。そうやってみんなで応援して、息子も大きくなったなーと重ねてしまうのです。

    成長する様子を電車にたとえるなんて珍しい話ですが、とても素直でかわいらしい客車とそれを支える周りの人やモノがとてもステキです。

    とても元気が出ますよ。

    掲載日:2010/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うたえブルートレイン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / どうぞのいす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット