大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ちびまる子ちゃんのあんぜんえほんどうしたらいいの?じしん・かじ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちびまる子ちゃんのあんぜんえほんどうしたらいいの?じしん・かじ 作・絵:さくら ももこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1999年
ISBN:9784323031743
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,858
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親子で安全について考えよう!

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子4歳

    あんぜんえほんのシリーズを娘に読んであげるのは、2冊目。

    この絵本には地震と火事について書いてあります。
    火の用心について、避難訓練について、地震についての3つのお話がマンガで分かりやすくかかれています。
    また、お話の終わりには、「まるちゃんからみんなへ」ということで、大切なことがまとまっているので、分かりやすいです。
    マンガでは、ちびまる子ちゃんらしいエピソードで楽しく話がかいてあるし、大切なことは、しっかりとまとめてあるので、小さい子に読んであげて、安全について考えるのにはとてもいい絵本だと思います。

    娘と読んでいて、よかったのは、避難訓練のお話。
    実際に保育園でも避難訓練があるので、そのことを自分から話してくれました。
    どうやって避難するのかとか、先生がお話しされていたこととかを一生懸命に話してくれている様子をみて、この絵本に感謝したくなりました。
    今まで、何度も避難訓練をしてきた娘ですが、きっと絵本を読んだことで、改めて避難訓練の大切さや命を守ることが分かったのだと思います。
    自分の経験と絵本の内容が一致して、娘も嬉しかったのだと思います。

    実際に、火事や地震にはあったことのない娘ですが、あったときには、このお話を思い出して、行動できるといいのですが。

    保育園、幼稚園の子供や小学校低学年の子供には、この絵本を使って安全教育もいいかもしれません。

    掲載日:2009/01/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちびまる子ちゃんのあんぜんえほんどうしたらいいの?じしん・かじ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / バムとケロのそらのたび / おこだでませんように / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット