雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

ふつうのくま」 大人が読んだ みんなの声

ふつうのくま 作・絵:佐野 洋子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1994年11月
ISBN:9784062072472
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,105
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 低学年向けに書かれてるようですが…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    私が今手にしているこの絵本は図書館で探してきたもので、出版が昭和59年となっている初版ものでした。ですから、表紙絵も少し違います。

    ナビで、この絵本の紹介文に『本当の勇気』について描かれている本。みたいなことが書いてありましたが、
    私の読んだ印象は、くまとねずみの友情物語。もしくは、「帰る場所」「帰れる居場所」の物語という感じでした。

    この作品は絵本というより、絵童話的な泣き方で、低学年くらいのお子さん向けに書かれたのかな?という感じがします。
    ただ、内容的には低学年では少し難しいかな?
    最初の法の、くまが「赤いじゅうたん」に乗ろうか、乗るまいか悩んで、いつもと違ったことをしたりするジレンマとか、苦悩とかって、低学年や中学年には少し難しいですよね〜?

    これって、むしろ中学生や高校生や大人が読んだ方が、くまの気持ちやねずみの気持ちが、ストーンと、胸に落ちてくる気がしました。
    とても素敵な物語でした。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 勇気をだすこと

    少し長いですが、簡単な文章なので、子供でも読めます。
    でも、大人のほうが、より深く理解できるかと思います。
    勇気を出すことの難しさ
    勇気を出さなかったことでの、後悔
    そんな、言葉で言い表すには難しいことが、うまく表現されていたと思います。
    共感できる部分も多々ありました。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふつうのくま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット