となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。

おじいちゃんとおばあちゃん」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

おじいちゃんとおばあちゃん 作:E・H・ミナリック
絵:モーリス・センダック
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1986年
ISBN:9784834006940
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,566
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんなに愛される存在

    このシリーズで一番すきな本です。
    おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさん、みんなに愛されて、くまくんは本当に幸せですね。

    これを読む子どもたちも、周りのおおぜいの人からこうやって愛されていると感じてもらいたいです。
    子どもが子どもらしくいられるのは、子どもにとってとても大事な事です。

    2年生のおはなし会のおまけに、「小人のゴブリン」を読みました。
    数年前から小人が流行っていますから、題名をいうと大喜びでした。
    小人の後を何かが付いてきて、それが何か分からず緊張します。
    そして小人がそれが何かのぞこうとしますが、子どもたちは「のぞかないで!」と怖がっていました。
    でも、ちゃんと正解が解る子も数人いました。
    小人と一緒にどきどきしてくれました。

    シリーズ5冊を全部読んでもらいたいです。そう勧めると「怖い話はいやだ」という男の子が。。
    他には面白いお話ばかりだよと言うと安心していました。

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもたちはこんな風に愛されてほしい

    「こぐまのくまくん」のシリーズですが、この本はまだ読んだことがありませんでした。

    シリーズのどの本にも感じられることですが、くまくんがみんなから愛されていることがとても伝わってきます。

    子どもたちにはこのような幸せな子ども時代を送ってほしいと読んでいて思います。

    一服といいながら寝てしまったり、怖い話をすると自分も怖くなるかもしれないと言う茶目っ気のあるおじいちゃんがいいなあと思いました。

    子どもたちはこんな風に愛されてほしいなと思います。読んでいて幸せな気持ちになる絵本だと思います。

    掲載日:2010/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おじいちゃんとおばあちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


mpiオリジナル絵本・アクティビティブック インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット