だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

こぶじいさま」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

こぶじいさま 作:松居 直
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1980年
ISBN:9784834007886
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,356
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 踊りに夢中になる鬼たち

    よく知られている「こぶとり」の昔話です。昔話好きの7歳の娘が「ママに読んであげる」といって音読してくれました。途中「くるみはぱっぱ ぱあくづく・・・」という鬼たちがうたう歌があるのですが、どう読んだら良いか分からないらしく手伝ってというので、そこは一緒に読みました。声に出して読むと楽しいです。
    赤羽末吉さんのダイナミックな絵が、鬼たちが踊りに夢中になっている様子をうまく描いていて、迫力がありました。昔話を読むのはやっぱり楽しいなと思いました。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひたいにこぶ?

    子供が、日本の昔話によくある、誰かが不幸になる終わり方に、「こういうのにがて〜」と言います。また、「へ〜おでこにこぶがあるんだあ〜」と不思議そうでした。絵がとても魅力的だし、鬼の歌も面白いのに、苦手だと言われてちょっとがっかり。また、いつか読んでみたいと思います。

    掲載日:2011/03/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こぶじいさま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / そらまめくんのベッド / めっきらもっきらどおんどん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット