おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

にじいろのさかなとおおくじら」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

にじいろのさかなとおおくじら 作・絵:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1999年10月
ISBN:9784062619936
評価スコア 4.37
評価ランキング 9,894
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 黙っていてはわからない

    見知らぬおおくじらとにじうおたちによる、海の物語。

    ちょっとした勘違いが起こり、くじらとにじうおたちはけんかをしてしまいます。

    さぁどうする?

    読んでみてまず思ったのは、きらきらのうろこがきれい。

    見とれてしまいます。

    ストーリー的な感想を言うと、友情が芽生えるお話ですね。

    最初は勘違いでお互いギスギスした関係だけれど、話してみるとそうじゃなかった。

    話すことで何かがわかるということを、この作品では教えてくれています。

    自我が芽生え始める5歳以降のお子様に最適な絵本だと思います。

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しいです

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳、

    まず、表紙を開いたところの、にじいろさかなとくじらのショットの美しさが目をひきました。
    いつも美しいにじいろさかなシリーズですが、くじらという雄大な存在がそこに描かれると、さらに優美でうっとりしてしまいます。

    光るうろこに見とれていたくじら。でもジロジロ見られたことで、食べられてしまうんじゃないかと恐れた魚たち。
    どちらも悪くないんだけど、すれ違いって起こってしまうんですよね。

    そんなとき解決できるのは、やはり「話す」こと。自分が思っていることを相手に言葉にして伝えることは、すごく単純なんだけど、一番効果的なんだと、あらためて気づかされました。

    こうして、誰とでも打ち解けられる、そんな人になりたいですね。子供も、そして大人も。

    掲載日:2012/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • にじうおのようになれたら…

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子5歳、女の子0歳

    このお話を読んで、こういうことってよくあるよな〜と感じた私。
    よく知らない人を勝手に噂して、噂がだんだん本当のように広まってしまう。
    でも、案外、話してみると気があったりして…

    5歳の娘には、まだよくわからないことだと思うけど、これから成長するにつれて、こういう経験をするだろうと思います。
    そんな時に、この絵本をまた読んでほしいと思いました。
    そして、何か感じてほしいし、できれば、にじうおのような行動をとってほしいです。
    私がこの立場だったら、にじうおのようにできるかはわからないのですが…。
    娘にはそうなってほしいという親の勝手な願いです…。

    娘に読んだ絵本でしたが、ちょっと人との接し方を考え直したいと思う私です。
    思春期の子どもや大人におすすめの本かもしれません。

    掲載日:2009/12/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「にじいろのさかなとおおくじら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.37)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット