もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

11ぴきのねことあほうどり」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

11ぴきのねことあほうどり 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1972年11月
ISBN:9784772100335
評価スコア 4.73
評価ランキング 876
みんなの声 総数 145
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今回のオチもおもしろい

    • 黒チワワさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子1歳、

    ネコ大好きな子供はこのシリーズが大好きです。でも、特にこれはよっぽど気に入っているのか、よく読み聞かせをせがんできます。
    一番反応が良いのは、アホウドリ兄弟の11番目に登場するアホウドリが出てくるところ!
    確かにあのオチは大人の私も初めは「エーッ!」とビックリしました。

    掲載日:2012/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きです

    子どものころから大好きなお話です。
    11ぴきのねこがコロッケやを始めたことも可笑しくて、
    でもそのコロッケがまたおいしそうで…
    普段私自身そんなにコロッケを魅力的に感じたことないのに、
    なんだかやたらとおいしそうに見えて…
    また猫たちのくいしんぼうで自由気ままな(勝手?)言動も
    11匹の猫らしくて笑えます。

    ごっこあそびでお店屋さんをやりたがる息子は
    11匹のねこが厨房でコロッケを作っているシーンが好き。
    それぞれ指を指しながら話したり、食べる真似をしたりします。
    また数字がでてくるところはまだわかっていませんが、
    アホウドリが並んででてくるシーンでは一緒に
    数えたりして楽しんでいます。
    これからもたくさん読むことになりそうです。

    掲載日:2012/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「11ぴきのねことあほうどり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / だるまさんが / もこ もこもこ / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(145人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット