だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

おともださにナリマ小」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

おともださにナリマ小 作:たかどの ほうこ
絵:にしむら あつこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年05月
ISBN:9784577030851
評価スコア 4.76
評価ランキング 616
みんなの声 総数 16
「おともださにナリマ小」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 怪文を楽しみましょう

    たかどのほうこさんの作品の多くは、どこにでもありそうな日常が舞台で、そこで起こる不思議な体験は、自分の回りでも起きて欲しいなと思うようなお話しで、読後感がとても心地よいという印象です。

    この作品は、まだ自然が多く残る小学校の生徒達と、自分達そっくりに化けるキツネ達との交流を描いたものです。

    キツネが字を書く時に、“さ”を“ち”と逆さ文字にしてしまったり、ひらがなの一部を1年生で習う漢字に誤変換してしまったような怪文は、見るのと読むのではまた違った面白さがあります。

    特にハルオが迷い込んだキツネ小学校の授業で、ヤマモトさんギツネが黒板に(“おいなりさんばかりを食べない”のつもりで)“オイなりちんバカりお、田びナイ”と書いたのは最高です。よくよく読むと間違い方にも「あぁなるほど」と納得してしまうんですね。

    息子は、キツネの校長先生が「誰かに連れて行かれそうになったらどうするのかね?」との質問に対し、一人目の生徒が「ひっかく」と答えたところで反応し、次の子が「かみつく」と言った時にはゲチャゲチャ笑ってうけていました。

    キツネ達の変身もどこか可笑しく、まだたまにパンツやシャツをうつろまえに着ていることのある息子ですが、ひょっとしてはキツネと入れ替わっては……いないだろうねぇ。

    主人公が1年生で、漢字も1年生で習いそうなものばかりですが、一人読みで怪文を理解するには、高学年くらいが良いのかもしれないです。

    掲載日:2008/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おともださにナリマ小」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / よるくま / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット