モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

かさじぞう」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

かさじぞう 再話:せた ていじ
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1966年11月
ISBN:9784834000719
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,584
みんなの声 総数 49
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こころのまど

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

    『「かさや、かさや、かさは いらぬか」
    こういって、かみちょうから しもちょうへ、
    しもちょうから かみちょうへ、いくどもあるいた。
    けれども、だれひとり かうものがない…。
    じいさんの かさなんか、みむきもされなかったと…。』
     子どもはうつむいて だまって 聞いていました。
    悲しいけれど こころのまどを開いて 聞いていました。
    『「あやぁ、むごいことだなあ。はだかで ゆき かぶって
    さぞ さむかろう」と、じいさんは、うりもののかさを、
    じゅんじゅんに…』
     子どもは顔を上げて だまって ページをのぞきこみます。
    うなずきながら かさを勘定して 聞いています。

     実は話の筋をすでに知っているのに、毎回同じことの繰り返し。
    この絵本のつくり、本の中に、また本があるように見える、
    それが不思議でずっとずっと のぞきこんでは
    いつ中の本が閉じられるのか、気が気でないのかなぁ。
    だからいつも、彼女はこころのまどを開きっぱなしにして
    中を窺っている、そう思えてなりませんでした。

     すてきな絵本を 福音館さま、ありがとう。
    感謝

    掲載日:2015/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉が難しいかな

    そろそろ3歳の娘に昔話を読みたいなと思って図書館で借りてきました。
    同じタイトルの昔話を数冊借りて、読み比べています。

    こちらの「かさじぞう」は、まず絵が圧倒的にすごいです。重厚感があります。また日本を感じさせる絵です。その点からは名作だと思います。
    文章も素晴らしいのですが、少々難しいところがあります。子どもたちはもちろん、読んでいる私もたまに読みづらいところがあって戸惑います。

    昔話に慣れてきた親子向けかなと思いました。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロングセラー

    3歳10ヶ月の息子に読みました。
    1966年が初版の絵本。

    語り口調が昔話独特なのがとてもいいです。
    息子にもこんな日本語、聞かせたい。
    絵も、日本的な感じで墨で描かれているのも、いい味が出ていています。
    定番ですね。

    息子も喜んで聞いていました。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息の長い絵本

    • オナミーさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子0歳

     実は、日本の昔話系の絵本は苦手だった私。

     今にないもの(カサ、みの、うす、囲炉裏など)が登場することが多いので、子供には理解できないんじゃ・・・とかんじていたのです。

     が、読んでみれば、意外とすんなり絵本の世界に入って行く娘。

     この絵本は、絵柄も昔話のイメージを大切にしてか、白黒で、はっきり言えば、今風のかわいらしいものはありません。
     が、それが逆に、冬の寒さ、おじいさんの貧しさなどを業現しているようで、とてもよかったと思います。
     
     思いやりの大切さを、とても解りやすい話にしてくれている『かさじぞう』。
     今のところ、娘のお気に入りの絵本ではありませんが、月に1〜2度、本棚から出してきて、『今日の絵本はコレにする』と、もって来る絵本ではあります。

     娘的には、『かさじぞう』ブームはこないけど、でも、時々読む・・・という、息の長い絵本になっています。

    掲載日:2008/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かさじぞう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おおきなかぶ / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / だるまさんが / そらまめくんのベッド / いないいないばあ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット